深イイ話|カンニング竹山オススメ!予約殺到の工場見学!ANAの飛行機整備工場!ミスをしない為の工夫とは?

※人生が変わる1分間の深イイ話 2013年11月3日放送分より

今回は巷で噂の行列のできる店、
予約殺到の人気商品お取り寄せスペシャル。

カンニング竹山オススメ!
予約殺到の工場見学

予約が殺到しているのは美味しいものばかりではない。

それが普段は立ち入り禁止の工場見学

カンニング竹山オススメの、
予約殺到の工場見学の紹介。

キューピーマヨネーズ工場(五霞工場)は、
2ヶ月先まで予約が埋まっている。

下町にある株式会社イワコーの、
おもしろケシゴムの製造工場も、
2ヶ月待ちの人気ぶり。

そしてカンニング竹山が自らが見学するのが、
ANAの飛行機整備工場(要予約)。

普段見られない角度から、
飛行機を間近で見る事が出来るこの工場見学は、
予約6ヶ月待ちである。

そこには最新鋭の飛行機787型機があり、
そして見学では、
エンジン部分に近付く事が出来る。

直径2.8mの間近で見る巨大エンジンは迫力満点。

エンジンには羽(ファンブレード)が、
20枚付いているが、
1枚500万円程の価格で、、
エンジン1つで20億円の価格がする。

また飛行機全体では約200億円の価格がする。

そんな中、
カンニング竹山は三輪車で移動する人を発見。

格納庫の中では、
自転車ではなく、
三輪車のみの移動であるがその理由とは?

それは三輪車は倒れる可能性がないからである。

自転車で倒れるというミスをして、
それで工具が傷つき、
精密機器の整備をしたら、
飛行機の障害に繋がりかねない。

人間が起こしやすいミスを想定し、
絶対に失敗を起こさない為のルールが敷かれているのである。

例えば、
どんな小さな作業でも、
終わる毎に指を差し、
声を出してチェックする。

普通に見ていたら注意散漫になるが、
指を差せば、
一瞬で視野を2度の中に収める事が出来る。

人間はミスをする」という前提のもと、
整備士たちは絶対にミスを起こさない仕組みを作り、
人命を守っている。

ちなみに、
工具には一つ一つに番号がふられており、
一つでも紛失したら、
整備の手を全部ストップして探す程のこだわりぶりである。

レビュー

今流行している工場見学。

メーカー企業が持つ工場の、
ライン製造の現場を見るのも楽しいかもしれませんが、
航空業界の工場見学というのも、
一風変わっていて面白いですね。

飛行機好きであれば、
必見のレジャーと言えるかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ