有吉弘行のダレトク|山口県には東京をパクりまくっている町がある!?がっかりご当地

※有吉弘行のダレトク!? 2014年5月13日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

がっかりご当地

日本全国には、
頑張っているのになぜか残念な街が存在する。

そんながっかりな街・ご当地を調査する。

今回がっかりが見つかってしまったのは、
山口県』。

山口県には東京をパクりまくっている町がある!?

山口県には東京を、
パクりまくっている町があるという。

その町とは山口県・周南市

新幹線も通っているごく普通の街に見えるが、
東京の何をパクっているのか、
街の人に話を伺うとそれは「地名」だという。

実際に調べてみると、
住所を示す看板に「銀座」の文字が。

東京都の銀座と比べると、
寂しい感じが否めない。

しかも、
周南市・銀座の向かいにあるのは、
ご丁寧に「有楽町」。

位置関係も東京都全く一緒。

更に調査を進めると、
新宿
新宿三丁目
青山
千代田
昭和通り
晴海埠頭
代々木公園」など、
東京の地名が散見された。

このパクリに関して、
周南市徳山港町庁舎で働く人に話を伺った。

その理由は昔、戦争で、
周南市の街が焼けてしまい、
その後の都市計画で街を再編しようという時に、
東京のように、
復興を願う憧れとして、
元々東京にあった名前にあやかり、
その時の名残が残っているという。

レビュー

たまたまかとも思ったのですが、
必然性があった事を行政が、
認めてしまいました。

まさに中国地方にある、
リトルトーキョーといった具合でしょうか。

パクりというと、
ネガティブに聞こえますが、
東京都に暮らす私にあっては、
東京都に憧れて名づけたというエピソードは、
嬉しくはありますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ