有吉弘行のダレトク|現場作業員同士が肩もみ運動!?建設業界のダレトクな常識

※有吉弘行のダレトク!? 2014年5月13日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

ダレトク!?ギョーカイの常識
建設業界のダレトクな常識

一般人は知らないけど、
その業界では常識なんて事は、
世の中に色々ある。

そんな業界の人間だけが知る真実を、
白日の下に晒す。

今回暴くのは建築業界

前回は「ウサギとカメ」の記事に掲載。

現場作業員同士が肩もみ運動!?

朝7時45分に、
建設現場に現場作業員が集結。

その数なんと約400人。

するとラジオ体操がスタート。

ラジオ体操自体は何もなく終了。

しかしその後、
男達が集結し、
何やら仲良く肩に手をおき一列になった。

そして次の瞬間、
後ろの人が前の人の肩をモミモミ揉み始めた。

今度は反対側を向いて逆の人の肩を、
モミモミとマッサージ。

朝っぱらから一体何やっているのだろうか。

現場作業員の人に話を伺うと、
朝は職人も緊張しているので、
まず身体をほぐしている。

また、
現場が危険な場所なので、
お互いの信頼関係を肩揉みという、
身体が触れ合う事で築いていく狙いがあるという。

肩もみ運動の発祥は不明だが、
今では全国の建設現場で行われているという。

続きは「超超ロング」の記事に掲載。

レビュー

非常にアナログな方法ではありますが、
有効な方法であると、
個人的には思いますね。

建設現場に限らず、
仕事においては、
チームワークは非常に大事なので、
他の業界でも、
このようなコミュニケーションは、
するべきではないでしょうか。

最も建設現場においては、
男性が多いので問題はないと思いますが、
女性がいる仕事現場においては、
相応の配慮が必要かと思われますが。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ