《ジョブチューン》田村俊人「senri(山咲 千里)を20歳若返らせたメイクアップ術(化粧)を公開」

※ジョブチューン 2013年6月8日放送分より

トップヘアメイクアーティスト田村俊人の20歳若返りメイクアップ術を紹介。

簡単!わずか20分で出来る、
20歳若返りメイク(化粧)のポイントは3つ。

ポイント①
くすみを無くし、健康お肌に!

年齢を重ねると、女性の肌は黄色くくすみ暗くなる。
そこで、それを解消する為に、
ピンク系の化粧下地で黄ぐすみを目立たせなくさせ、
健康的なお肌を演出する。

ポイント②
シールとつけまつ毛で目力をアップ!

若い時は目元がぱっちり二重でも、
歳をとるとだんだんと皮膚がおりてくるので厚ぼったい奥二重になる。
そこで、100円ショップなどで購入できる「二重用の両面テープ」を用いて、
くっきり二重まぶたを演出する。
コツは二重の線にそってシールを貼ることである。

更に若者には定番のアイテム「つけまつげ」を用いる。
大人の女性向けには毛が均一でなく、
バラけているタイプのつけまつ毛がお勧め。
先端が筆になっているノリを用意して、
そのノリを直接アイラインの位置に3箇所ぐらい置いて、
ナチュラルな目元に仕上げる為に目じりだけにつけまつ毛はつける。

ポイント③
脱・薄唇!

若さを演出するには、
上唇と下唇の厚さは1:1.2位の比率になるように演出すると良い。
その為に上唇を1~2mmはみ出して描くとバランスが良くなる。

最後に唇にグロスを軽く塗って完成。

《もうちょっと調べてみた&所感》

今回のメイクに要した時間は20分程度でしたが、
実際にメイクを施された女性は大変身を遂げていました。

番組ではモデルになった女性は51歳でした。

つまり20歳若返るということは31歳。

正直、個人的に20歳は大袈裟、
つまり31歳になったようには思えませんでしたが、
10歳は少なくとも若返ったように思えました。

化粧に「化ける」という字が使われる理由がよくわかります。

目元のシールいわゆるアイプチであったり、
つけまつ毛というのは、
どうしても若い女性のアイテムといったイメージが強いですが、
トレンドに敏感な若い女性の需要が高いだけあって効果は抜群ですね。

またこのようなアイテムに関しては、
若い女性達向けだからこそ100円ショップのようなところで、
簡単に手に入ります。

100円ショップであれば、
いくら若い女性向けのアイテムであったとしても、
そこまで買うこと自体の敷居は高くないのではないでしょうか。

よく綺麗は正のスパイラルで作られるという話を聞きます。

当サイトの他のページでも紹介しましたが、
思い込みは人の身体に左右するもの。

ようするに綺麗だと周囲から言われたり、
自身が綺麗だと感じていれば、
自ずと本当に綺麗な肌が出来上がってきたり、
若返り効果が期待出来るようです。

年齢のせいにして諦めずに、
美を追求し綺麗を追求していれば、
いくつになっても綺麗で輝ける女性でいられるのではないでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《ジョブチューン》田村俊人「senri(山咲 千里)を20歳若返らせたメイクアップ術(化粧)を公開」”

  1. Title

    […]the time to study or take a look at the subject material or internet sites we have linked to beneath the[…]

  2. Title

    […]Sites of interest we’ve a link to[…]

  3. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  4. Title

    […]very few web-sites that occur to become detailed beneath, from our point of view are undoubtedly nicely worth checking out[…]

  5. Title

    […]always a big fan of linking to bloggers that I enjoy but don’t get a whole lot of link love from[…]

  6. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  7. Title

    […]please stop by the internet sites we follow, such as this one, because it represents our picks from the web[…]

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ