相葉マナブ|焼きそばの基礎・おいしくするポイントを教わる・究極の焼きそば作り

※相葉マナブ 2014年5月4日放送分より

今回のテーマは、
ソースで炒めるだけの、
シンプルな料理「焼きそば」。

それを、
麺にこだわり、
ソースにこだわり、
具材にこだわり、
作り方にもこだわったら、
どこまで美味しくなるのか。

シンプルだから奥が深い、
究極の焼きそば」に挑戦。

焼きそばの基礎
おいしくするポイントを教わる

まずは、
焼きそばの基礎をプロに教わる。

教えてくれるのは、
浪速家総本店・四代目・神戸将守さん。

たい焼きで有名な浪速家だが、
焼きそばの名店でもある。

そこのご主人・神戸将守さんから、
おいしくするポイントを学ぶ。

まず、
鉄板を使う事で焦げ付きにくくなる。

油はラードを使用すると、
焦げ付きにくく味にコクが出てくる。

最初に肉などの具材を炒め火を通す。

肉に火が通ったら、
キャベツを入れて、
そのタイミングで麺を投入。

焼きそばの具材はシンプルな方が良い。

色々な食材を詰め込み過ぎると、
味がまとまらなくなるので、
足し算ではなく引き算の発想の方が良い。

炒め終わるタイミングは、
麺が箸に絡む程度になるまで。

味付けのソースは麺だけでなく、
鉄板にも直接かけて香りづけする。

続きは「ご当地焼きそば」の記事に掲載。

レビュー

焼きそばは、
五目焼きそばに代表されるように、
具材・食材が多いほど良い、
高級・美味しいと思われがちだと思いますが、
出来るだけシンプルな方が良いというのは、
まさに目からウロコな情報。

ちなみに、
その選ぶ食材において、
もやしは水分が出すぎてしまう為に、
なかなか水分調節の難しい、
食材との事です。

焼きそば初心者は、
投入する野菜はキャベツの一択にした方が、
無難なのかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ