超問クイズ|■問題■フィギュアスケートの ジャンプの着地は全て後ろ向き・○か?☓か?

※つい間違える!?常識の迷宮クイズ超問1行・ワンフレーズ 2014年2月2日放送分より

この番組は、
世の中の面白い・気になる情報を、
○×クイズで出題し、
超意外な真実を選ぶ番組。

■問題■
フィギュアスケートの
ジャンプの着地は全て後ろ向き
○か?☓か?

○の主張

実はフィギュアスケートのジャンプは、
前で着地すると、
スケート靴の構造上つまづいてしまう。

なので、
原理的にもジャンプは、
後ろ向きでしか着地出来ない。

☓の主張

前から着地する事もある。

ジャンプには2回転半・3回転半など、
半回転分がある。

この半回転は、
前と後ろが逆になる。

前から着地出来る技術があるからこそ、
五輪に出れるのである。

 

 

 

 

 

 

 

■正解■

正解は○である。

フィギュアスケートの、
ジャンプが後ろ向きでしか着地出来ない、
その理由は、
スケート靴の先にあるトゥーピックという、
ギザギザの出っ張りがあるから。

ジャンプの踏切や、
ブレーキに使用するが、
前向きに着地すると、
この部分が引っかかり転んでしまう。

フィギュアスケートのジャンプは、
アクセル・サルコウ・トゥーループ、
ループ・フリップ・ルッツと6種類あるが、
どれも全て後ろ向きで着氷する。

レビュー

あまり意識してないですが、
確かに言われてみれば、
フィギュアスケートで、
前向きに着氷している所は見た事がないですね。

一般的な、
スケート靴には、
このトゥーピックというのは、
存在しない為、
このような事実は分からなくて当然。

このような、
スポーツに関するトリビアを知ると、
スポーツ観戦もまた少し楽しくなりますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ