超問クイズ|■問題■水泳・競泳の自由形は 自由形だけに水中を走っても良い・○か?☓か?

※超問クイズ!真実か?ウソか? 衝撃の事実を○×クイズ 2014年4月30日放送分より

この番組は、
世の中の面白い・気になる情報を、
○×クイズで出題し、
超意外な真実を選ぶ番組。

■問題■
水泳・競泳の自由形は
自由形だけに
水中を走っても良い
○か?☓か?

○の主張

本当にこれは名前の通りで、
「自由形」というからには、
何をやっても自由である。

但し、
サッカーでルール違反じゃないからと言って、
頭にボールを乗せて、
そのままゴールに向かう人もいない。

つまり、
単にメリットが何もないから、
水中を歩いたり走ったりしないだけで、
ルール違反には該当しない。

結局水中で走っても、
遅い事が分かりきっているので、
誰もしないのである。

結果的にクロールという泳法が、
一番速い事が分かっているから、
皆クロールをするだけで、
本当に水中で走るのが速いのであれば、
オリンピックでも世界水泳でも、
水中を走って良いのである。

☓の主張

自由とは何でも良いって事ではない。

あくまでもスポーツなので、
歌ったり、踊ったりと、
なんでも許される訳ではない。

水泳という競技名は、
「水を泳ぐ」と書く。

ゆえに水を泳ぐ事だけは、
守らなければいけないのである。

 

 

 

 

 

 

■正解■

正解は☓である。

「自由形」はどんな泳ぎ方で泳いでも大丈夫。

しかし、
水中を歩いたり走ったりするのはダメ・NGで、
ルール違反である。

ちなみに潜水も禁止で、
15m以内に頭を水面から出さないと失格になる。

レビュー

まぁ上述にもあったように、
水泳・競泳であって、
徒競走・競歩ではないですから。

例え、
水中で高速で走れる人がいたとしても、
それはそれで、
競泳の世界王者になる事は不可能という事ですね。

ちなみに自由形は、
英語ではフリースタイルと言われるので、
結局は「自由」なのですが、
自由の意味を履き違えてはいけないという事ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ