スマステ|小さな手帳やノートに楽々書き込める超極細0.2ミリなのに折れないシャープペン!最新アイデア文房具ベスト17

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年4月19日放送分より

今回は生活が楽しくなる、
今すぐ使いたい、
最新アイデア文房具ベストセレクション17を紹介。

小さな手帳やノートに楽々書き込める
超極細0.2ミリなのに折れないシャープペン

小さいスペースに沢山の文字を書き込みたい時、
一般的な0.5ミリのシャープペンシルだと、
太過ぎると感じる事は多いはず。

そんな時に役立つ最新文房具が、
小さなスペースにもストレスなく書ける、
orenz・オレンズ(540円)。

このシャーペンは一般的な、
0.5ミリの半分以下。

国産としては、
最も細い0.2ミリの芯を使用する。

細い字が書けるので、
細かくノートを取りたいという中高生や、
手帳にビッシリ書き込みたいというビジネスマンに好評。

しかし心配なのは、
細過ぎて、
ポキポキ芯が折れるのではないかという点。

しかしこの商品は、
オレンズという商品名通り、
極細芯なのに、
芯が折れにくいのである。

一体なぜなのだろうか。

オレンズで何かを書く時は、
ほとんど芯が出ていない状態。

これにより、
芯のほとんどの部分が、
パイプで保護されているので折れにくいのである。

オレンズは、
芯を出さずに書くシャープペンシルなのである。

但しここで心配になるのは、
芯が少ししか出ていないと、
何回もノックして、
こまめに芯を出さなければいけないのではという事。

この心配を取り払うのがorenzシステム

ぺんてるが開発したこのオレンズシステムは、
なんと芯が減るのに合わせて、
先端パイプが自動でスライドし、
芯が出てくるという画期的なものである。

これにより、
通常のシャープペンシル以上にノックの回数が減り、
ストレスなく仕事・勉強に集中出来る。

最新技術が詰まったシャープペンシルとして、
注目が集まっている。

続きは「消せる色鉛筆」の記事に掲載。

レビュー

芯をノックしなくても出るシャーペン、
折れにくいシャープペン。

まさに夢の様なアイテムと言えますね。

今、文字を書く機会が多い人は良いですね。

このような商品があって。

今はなかなかシャーペンを使用する事は減りましたが、
シャーペンを一番使用していた、
学生時代に是非とも欲しかった商品ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ