有吉弘行のダレトク|コアラのしっぽがあるはデマ

※有吉弘行のダレトク!? 2014年4月1日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

コアラのしっぽがあるはデマ

コアラのデマを紹介。

訪れたのは、
愛知県・名古屋市の東山動植物園

ここは今から30年前に、
日本で初めてコアラを展示した動物園。

ここでコアラのデマを確認すると、
衝撃の事実が判明。

コアラはしっぽがある動物と思われていたが、
実はコアラに尻尾はないのである。

コアラには一般人がイメージしているような、
丸い尻尾は存在しない。

コアラのしっぽない

但し、
実は尾骶骨にしっぽの痕跡、
尾椎と呼ばれる部分が僅かに残っている。

しかし、
この尾椎は人間の尾骶骨にも存在する為、
これがしっぽであるとは言い難い。

ちなみにコアラの祖先と言われる、
絶滅した動物にはしっかりと尻尾は存在した。

そこで番組は、
コアラの祖先を確認する為に、
シドニーにあるオーストラリア博物館へ向かった。

ここに3000万年以上前にいたコアラの祖先とされる動物、
ディプロトドン」が展示されている。

コアラの祖先・ディプロトドン

ディプロトドンは3000万年前に生息していた、
史上最大の有袋類。

体長は3mで体重は2.5tある。

そして尻尾はどうなっているかと言えば、
約60cmのしっぽが確かに存在していた。

このしっぽが退化し、
現在はその痕跡だけが残っているのである。

という事で、
コアラの尻尾はデマ確定である。

デマ撲滅へ

デマ撲滅の為に、
番組はナゴヤドームに向かった。

ここにはコアラを勝手に名古屋名物化している、
中日ドラゴンズのマスコットキャラ・ドアラがいる。

ドアラのお尻を確認すると、
なんとそこには丸いしっぽがあった。

ドアラにデマを突き付けると、
筆談で「進化した」と言い訳をぶちかました。

そして名古屋には更に、
撲滅先を発見した。

それは名古屋市千種区のマスコットキャラクター、
ゆるキャラの「こあらっち」である。

こあらっちのプロフィールを確認すると、
チャームポイントに「まあるいシッポ」と記載されている。

名古屋市のマスコットという事は、
河村たかし名古屋市長が責任者という事で、
河村たかし市長を番組で言及。

河村たかし市長はこあらっちの存在を知らなかったが、
コアラに尻尾がない事は把握していた。

そして河村たかし市長は、
こあらっちの尻尾の存在について、
「アイムソーリー」と謝罪した。

レビュー

コアラの祖先大きいですね。

そして見た目は結構いかついです。

あの可愛らしいコアラからは、
想像が出来ませんね。

コアラの尻尾が退化した理由として、
一説には木の上に座り易いように、
無くなったとされている説が有力らしいですよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ