有吉弘行のダレトク|イルカのがっかりな寝姿とは!?ダレトク!? がっかり水族館

※有吉弘行のダレトク!? 2014年3月18日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

ダレトク!?
がっかり水族館

水族館には、
世の中の常識を覆す、
残念な事実が存在する。

そんながっかりな水族館な情報を紹介。

今回はちょっと変わった寝姿シリーズ。

前回は「ラッコの寝姿」の記事に掲載。

イルカのがっかりな寝姿とは!?

水族館の人気者と言えばイルカ

芸達者なイルカであるが、
実はその寝姿は非常にがっかりする。

そこでその寝姿を調査する為、
番組の調査員は、
山口県・下関市の海響館を訪れた。

まずは、
イルカ担当の学芸員に話を聞いてみると、
実際にイルカの寝姿を見れば、
そのがっかり感が分かるという。

という訳で、
イルカが寝るのを待ち、
イルカの寝姿を捉えた。

水槽に底に横になって、
寝るイルカ。

しかしよく見ると、
その目は開いたまま、
開けっ放しのまま。

イルカの寝姿

実はこれは半球睡眠といって、
脳の半分を働かせながら寝る睡眠方法。

外敵から身を守る為、
半分の脳を休ませ、
片方の目は閉じ、
もう片方の目は開いているという訳である。

続きは「フグの寝姿」の記事に掲載。

レビュー

今回紹介された画像では、
イルカは目を開けておりますが、
反対側の目はきちんと閉じているという事ですね。

それよりも、
イルカも、
人間同様に横になって眠るという事が驚きました。

そして、
半球睡眠という方法。

個人的には寝るのは好きですが、
非常に時間の無駄遣いにも感じているので、
人間にもこのような、
能力があれば良いのにと切に感じてしまいました。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ