やりかた大図鑑|遭難し無人島に漂着してしまった時のやりかた

※今は役に立たないけどいつか知っててよかったと思うやりかた大図鑑 2013年7月6日放送分より

この番組は、
今は役に立たないけれど、
「知っておいたよかった~!」と、
いつか思うかもしれないやりかたを、
次から次へと、
どんどん教える番組である。

テーマは、
思いがけないことが起こった時のやりかた。

遭難し
無人島に漂着してしまった時の
やりかた

遭難し、
無人島に漂着してしまった時のやり方を紹介。

まず、
思いがけず見知らぬ島の、
浜辺に到着する。

住民がいないか確認する。

飛行機などから見えるように、
流木を使って、
砂浜に大きく「HELP」と書いておく。

ヤシの実や雨水から水分を補給する。

木を擦った摩擦熱で、
枯れ枝を裂いたものなどに火を起こす。

捕まえやすい魚やカニなどが中心の、
食生活になる。

くじけそうになった時は、
愛する人の事を思い出し頑張る。

4年程で無人島生活に慣れる。

無人島生活に余裕が出てきたら、
木と漂流物で丈夫なイカダを作る。

意を決して大海原へ公海へ出る。

運が良ければ通りかかった船に救助される。

無事生還し英雄になる。

運悪く、
恋人が別の人と結婚していた場合は、
潔く身を引く。

レビュー

こちらの情報・方法は、
トム・ハンクスさん主演の映画、
「キャスト・アウェイ」の情報を、
そのまま転用した形になります。

映画ではこの方法で助かったという、
話の流れになっていましたが、
「真実は小説より奇なり」
という言葉もありますので、
これ以上のとんでもない状況になる事も、
生きる上では想定しておかなければならないでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ