やりかた大図鑑|卓球で投げ上げサーブのやりかた

※今は役に立たないけどいつか知っててよかったと思うやりかた大図鑑 2014年4月9日放送分より

この番組は、
今は役に立たないけれど、
「知っておいたよかった~!」と、
いつか思うかもしれないやりかたを、
次から次へと、
どんどん教える番組である。

テーマは、
スポーツで注目されるキメ技のやりかた。

卓球で
投げ上げサーブの
やりかた

卓球の投げ上げサーブのやり方を紹介。

まず、
サーブの打ちやすい位置にボールを構える。

次に、
手の平を水平に保ったまま、
垂直にボールを投げ上げる。

落下速度を速める為に、
最低でも2メートルの高さまで投げ上げる。

ボールから視線を外さずタイミングを計る。

相手にボールの回転を読まれないよう、
空いている左手でボールを隠す。

インパクトの瞬間に、
スナップを効かせて回転をかける。

その後、
返球に備えて構え直す。

但し、
現在公式大会のルールでは、
サーブの時に、
左手でボールを隠すのは禁止されている。

レビュー

投げ上げサーブを試してみたいですが、
言うは易く行うは難しですよね。

そもそもボールを打つ瞬間に、
回転をかけるという技術が、
最早難易度高すぎます。

また、
結局のところ、
公式大会で使えない以上は、
自己満足の世界になってしまいますよね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ