やりかた大図鑑|100体以上の死体を発見した役者・佐々木卓馬のサスペンスドラマでの第一発見者役のやりかた

※今は役に立たないけどいつか知っててよかったと思うやりかた大図鑑 2014年4月9日放送分より

この番組は、
今は役に立たないけれど、
「知っておいたよかった~!」と、
いつか思うかもしれないやりかたを、
次から次へと、
どんどん教える番組である。

テーマは、
「こいつデキるな」と思われるプロのやりかた。

100体以上の死体を
発見した役者・佐々木卓馬の
サスペンスドラマでの
第一発見者役のやりかた

100体以上の死体を、
発見した役者・佐々木卓馬の、
サスペンスドラマでの、
第一発見者役のやり方を紹介。

まず、
事前に台本でシュチュエーションを確認しておく。

現場入りするが、
主要キャストではないので、
適当なベンチで本番を待つ。

主要キャストではないので、
もちろん荷物も自分で管理する。

本番までの間、
死体を発見する演技がわざとらしくならないように、
自分が第一発見者役であるという事を、
完全に忘れる。

呼ばれたら、
すぐに現場へ向かう。

いよいよ本番が始まるが、
この後、
死体を発見する事など、
頭の片隅においてもいけない。

怪しげな何かを発見し、
恐る恐る近付く。

状況に応じて、
「絶叫」「フリーズ」「ぶっ飛び」の
3つの中から選択し演じる。

出番が終わったら、
撮影の邪魔にならないように、
速やかに帰る。

ちなみに、
佐々木卓馬は、
室井滋・桐谷健太と同じ、
ホットロードという事務所に所属の俳優。

変なアドリブを演技に入れると、
カットされてしまう恐れが高いので、
極力アドリブは控えた方が良い。

レビュー

こちらもなかなか、
役に立たない情報ではありますが、
ドラマ・映画のエキストラのバイトしている人には、
少し参考になったかもしれませんね。

しかし、
死体の第一発見者役を数多くこなす、
俳優の方がいる事の方が、
驚いた情報でした。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ