有吉反省会|超一流ミュージシャン・つのだ☆ひろ・何でもかんでもメリー・ジェーン

※有吉反省会 2014年4月13日放送分より

大御所芸能人・文化人・一流スポーツ選手が、
MC有吉弘行の前で、
自らの過ちを告白し、
悔い改める番組である。

超一流ミュージシャン
つのだ☆ひろ
何でもかんでもメリー・ジェーン

つのだ☆ひろは、
何を歌っても、
メリー・ジェーンになってしまう事を反省した。

超一流ミュージシャンのつのだ☆ひろは、
芸能界で名前に記号を付けた、
パイオニアとしても知られている。

そして、
つのだ☆ひろの代名詞と言えば、
1971年に発売した「メリー・ジェーン」。

つのだ☆ひろといえばメリー・ジェーン。

メリー・ジェーンといえばつのだ☆ひろ。

そんなつのだ☆ひろだが、
実は何を歌っても、
メリー・ジェーンになってしまうという。

文部省唱歌「故郷」を歌っても、
最初は普通に歌っても、
テンションが上がると、
もはや原型が無くメリー・ジェーン。

更に、
アニメの主題歌にもなった、
はじめてのチュウ」でも、
やはり最初は普通だが、
テンションが上がると何の歌か不明になる。

本人に話を聞いてみると、
2ちゃんねるでは、
原曲をメチャクチャに崩して失礼だ
と言われている事を明かし、
迷惑をかけ反省しているという。

また、
テンションが上がると、
原曲がむちゃくちゃになってしまう事を明かし、
逆につのだ☆ひろが普通に歌ってしまうと、
それはそれで、
お客の期待を裏切ってしまう事を説明。

ちなみにコンサートで、
アンコールがくるか不安な時は、
メリー・ジェーンを出し惜しみしておけば、
いくらでもアンコールがかかるという、
便利な使い方もある。

しかし、
実はつのだ☆ひろ自身も、
メリー・ジェーンには歌い飽きていて、
ギャラが良いので、
半ば無理やり歌わされている事を明かした。

そして、
自身の歌は一発屋疑惑が持ち上がるが、
作詞・作曲家として「失礼レストラン」などの、
ヒット曲を出している事を明かした。

更に名曲メリー・ジェーンを作る時に、
ある人の名前を借りて作った事を明かし、
実在するメリー・ジェーンの写真を紹介した。

レビュー

番組で紹介された、
本邦初公開メリー・ジェーンさんの写真がこちら。

メリー・ジェーンの写真

リアクションに困る、
普通の感じの人でした。

そしてつのだ☆ひろさんに関して、
確かにメリー・ジェーンのイメージは強いですが、
一つの曲のイメージを、
これだけ引っ張れる芸能人というのも、
ある種才能だと思います。

原曲をぶっ壊してしまう程の、
アレンジがつのだ☆ひろさんの魅力とも言えるので、
今後とも活躍を期待しています。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ