検索してはいけない|平将門と風水の謎!テレビ業界で扱われない禁断のネタ

※検索してはいけない 2014年4月9日放送分より

今や知りたい情報を検索すれば、
すぐに手に入るインターネット時代。

その反面、
時に我々は恐ろしい情報を、
簡単に入手してしまう事がある。

そこには検索してはいけない情報が、
氾濫していた。

この番組は、
そんなネット世界の怪しい情報に、
迫っていく番組である。

ネットで検索してはいけない言葉の真相を、
徹底解明する。

テレビ業界で扱われない禁断のネタ
平将門の4つの謎を解く

テレビ業界では、
まことしやか囁かれてきた、
禁断のネタがある。

そのネタを扱うと、
祟が起きると噂され、
いつしかテレビでは扱われなくなった。

それが「平将門」である。

実はこの平将門という人物には、
風水・魔法陣・関東大震災・スカイツリーという、
4つの恐ろしい謎が存在していた。

番組は平将門にまつわる、
4つの謎に迫った。

前回は「平将門とは?」の記事に掲載。

平将門の伝説1
「風水の謎」

風水とは、
古代中国が起源とされる、
方位や地理学に基づいた建築法の事。

その風水を利用する事で、
天下泰平の世を築いたとされる、
歴史的な人物が江戸幕府を創設した、
徳川家康である。

徳川家康は、
江戸をより強い国にする為に、
風水を利用し富国強兵をした。

そして風水に基づいた、
7つの神社を建立した。

平将門の鎧が祀られているという鎧神社や、
平将門の兜が埋められているという兜神社
そして飛んだ平将門の首が落ちたとされ、
平将門の首が祀られる将門の首塚(将門塚)

その他にも、
平将門の首が飛び越えた鳥越神社
平将門を祭神とする筑土八幡神社
平将門の呪いにまつわる水稲荷神社
平将門のカラダ神社が由来の神田明神と、
平将門にまつわるという4つの神社を建立し、
合計7つの神社を江戸の町に配置させた。

これらの神社を順番に繋ぐと、
なんと北斗七星が浮かび上がるのである。

実はこの北斗七星は、
平将門が信仰していたとされ、
それに目をつけた徳川家康が、
平将門の霊力を取り入れる為に、
北斗七星の形に配置したという。

それが「将門の結界」である。

結界という霊力を増幅する風水を使い、
江戸の町を守っていたというのである。

平将門の力のお陰か、
徳川家康の開いた江戸幕府は、
200年にも及ぶ長期政権を築いた。

続きは「魔法陣の謎」の記事に掲載。

レビュー

風水とは結局統計学だそうですね。

科学的根拠の何もない占い・まじないとは違い、
これまでの統計データを元に、
導き出した開運手法だそうです。

だからこそ、
風水は全くの非科学的な現象とも呼べません。

そもそもにして、
徳川家康が風水に傾倒していたか否かの、
真偽が定かではありませんが、
もし本当だとするのであれば、
何かしらの影響を関東に与えている可能性はありますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ