検索してはいけない|呪いの検索ワード「イギリス 泣く少年」

※検索してはいけない 2014年4月9日放送分より

今や知りたい情報を検索すれば、
すぐに手に入るインターネット時代。

その反面、
時に我々は恐ろしい情報を、
簡単に入手してしまう事がある。

そこには検索してはいけない情報が、
氾濫していた。

この番組は、
そんなネット世界の怪しい情報に、
迫っていく番組である。

ネットで検索してはいけない言葉の真相を、
徹底解明する。

アナタの身に何かが起こるかもしれない
呪いの検索してはいけない

オカルトを研究して10年の、
オカルト雑誌「怪処」編集長・吉田悠軌も恐れる、
呪いの検索ワードがある。

そんな呪いの検索ワードを紹介。

前回は「ベクシンスキの絵」の記事に掲載。

「イギリス 泣く少年」

世界80ヵ国以上の奇妙なスポットを、
直接取材しオカルト本「奇界遺産」を出版した、
佐藤健寿が怖い呪われた絵を紹介する。

それが、
イギリス 泣く少年」。

デパートでよく複製画といって、
安く売られている絵がある。

それで、
男の子が泣きべそを書いている絵があった。

第一印象の、
見た目は非常に可愛らしい絵である。

しかし消防士が焼けた家を調査すると、
2~3軒立て続けにこの絵が見つかった。

つまり、
この絵を飾った多くの家が火事になるが、
この絵だけは燃えずに残るという、
奇妙な現象が続いたのである。

ある家では2枚掛けていたそうだが、
他の絵が燃えたのに、
この絵だけ2枚残った。

レビュー

複製画、
いわゆるコピー品で、
ここまでの逸話が残るという事は、
この作品には、
余程の霊力が宿っていたのでしょうか。

元本とも言える絵を所有していると、
余程怖い思いをしてしまうかもしれません。

上述の通り、
絵自体は非常に普通なんですけどね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ