検索してはいけない|呪いの検索ワード「もだえ苦しむ男」

※検索してはいけない 2014年4月9日放送分より

今や知りたい情報を検索すれば、
すぐに手に入るインターネット時代。

その反面、
時に我々は恐ろしい情報を、
簡単に入手してしまう事がある。

そこには検索してはいけない情報が、
氾濫していた。

この番組は、
そんなネット世界の怪しい情報に、
迫っていく番組である。

ネットで検索してはいけない言葉の真相を、
徹底解明する。

アナタの身に何かが起こるかもしれない
呪いの検索してはいけない

オカルトを研究して10年の、
オカルト雑誌「怪処」編集長・吉田悠軌も恐れる、
呪いの検索ワードがある。

そんな呪いの検索ワードを紹介。

「もだえ苦しむ男」

まずは「もだえ苦しむ男」である。

これは呪いの絵と人々から恐れられている、
一枚の絵である。

その呪いの絵の理由とは、
実はこの絵の作者は、
この絵を描き上げてすぐに自殺してしまっているからである。

更に、
作者の血と絵の具を混ぜ合わせて、
描いた絵と言われている。

この絵の所有者には奇妙な超常現象が起きている。

実際に何度も奇妙な体験をしたという所有者は、
誰もいない部屋でこの絵を5日間、
深夜に4時間ずつ固定カメラで撮影した。

すると音声で、
何者かの声が映像に入り、
何かが人影の様なモノが通り過ぎた。
※実際に番組ではその映像を公開。

続きは「中古ビデオ」の記事に掲載。

レビュー

このサイトには実際の絵の画像は掲載しません。

検索すれば出てくると思いますので、
自己責任で探して見て下さい。

作者の血で描かれたという話の真相は、
分かりかねますが、
作者不明の作品なのに、
なぜそんな事が分かるのだと、
若干矛盾を感じてしまいました。

しかし、
非常に気味の悪い作品なので、
何か感じさせる点はあります。

もし閲覧される方は、
予め了承した上で探してみて下さい。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ