アメトーーク!|麒麟・川島明・ココ壱店員のイイ話・思い出エピソード

※アメトーーク! 2014年4月10日放送分より

今回は最強カレーチェーン、
CoCo壱番屋芸人

ココイチを愛してやまない、
芸人達が、
ココ壱の魅力について語る。

思い出エピソード

ココ壱芸人が思い出エピソードを明かす。

前回は「ロッチ・中岡創一の話」の記事に掲載。

麒麟・川島明
ココ壱店員のイイ話

麒麟の川島明は、
ココ壱でグランドマザーカレーを食べて、
そのまま店をあとにしようとした。

川島明が店から200m位離れて、
帰っていた時、
凄い後ろから足音が聞こえ、
川島明が振り返ると、
ココ壱の店員だった。

お金も払ったし、
お釣りも貰ったし、
なんだろうと川島明が思っていると、
店員は全速力で走り息を切らしながら、
グランドマザーカレーを食べたお客様全員に、
くじ引きして貰っているんです
とくじ引きを引くように言われたという。

川島明がくじを引くと、
残念ながら結果はハズレだった。

川島明はそこまでしたら当たりを引くべきだったと、
物凄い申し訳ない気持ちになってしまったという。

続きは「ケンドーコバヤシの話」の記事に掲載。

レビュー

日本の飲食店のサービス・おもてなし精神は、
やはり物凄いと感じてしまうエピソードです。

しかし、
これはココ壱の良い話というよりも、
その店員さんが、
たまた非常に親切だっただけともとれますが。

確かにお釣りの渡し損ねでもないのに、
くじ引きの為に、
わざわざ追っかけてくれるなんて、
良い店員さんだとは思いますけどね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ