林修の今でしょ!講座|銀行員で人事部配属だと出世コースって本当?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「銀行」。

我々にとって身近な銀行。

その裏話を教えてくれる先生は、
元銀行員・銀行取引コンサルタントの上田真一先生

上田真一先生は、
これまで1000件を超える融資案件をまとめた、
実績を持つお金のプロである。

前回は「銀行の融資を受けやすい人」の記事に掲載。

人事部が出世コースって本当?

銀行員の出世コースは人事部と言われている。

その理由は、
人事部という所は、
全行員の秘密を握っているからである。

なので、
もし人事部に配属され、
そこで育ったような人が途中で、
配属先を変えられてしまうと、
その人が銀行の秘密を暴露するという事も、
当然考えられる。

もしそうなった時は非常に困るので、
その秘密の暴露を防ぐ為に、
人事部に有能な人材を置き、
エリートコースにしているのである。

その人に対して秘密を持たせる、
そういう責任ある地位につけるから、
人事に配属しようという考え方である。

つまり、
半沢直樹のドラマでも、
銀行は人事が全て」という台詞があったが、
それはその通りなのである。

続きは「銀行員の人間関係の苦労」の記事に掲載。

レビュー

こちらは銀行に限らず、
一般の大企業でも人事は出世コースと呼ばれますよね。

なぜか理由は分かりませんでしたが、
おそらくその他の企業に関しても、
理由は銀行と同じような事なのでしょう。

そう考えますと、
これから就職する人で、
初期配属が人事部だった場合は、
会社側から期待されていると考えて良いのかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ