林修の今でしょ!講座|定期預金の利息は交渉次第で上がる!?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「銀行」。

我々にとって身近な銀行。

その裏話を教えてくれる先生は、
元銀行員・銀行取引コンサルタントの上田真一先生

上田真一先生は、
これまで1000件を超える融資案件をまとめた、
実績を持つお金のプロである。

前回は「銀行の防犯対策」の記事に掲載。

定期預金の利息は交渉次第で上がる!?

銀行の定期預金の金利は、
店頭に表示されている。

しかしあれをそのまま、
金利だと思っている人は損をしている。

あれは銀行が提示している金利なので、
交渉によってはどにかなる可能性がある。

但し、
実際の業務上としては、
一千万円を下回る小口のお客・金額に関しては、
そこまで特別な金利をつけるという事はしない。

逆に一千万円を超える大口定期預金の場合は、
ぐっと交渉の確率が上がる。

ちなみに、
どこまでこの金利が跳ね上がるのかといえば、
銀行の業績や支店のノルマ次第で変わってくるが、
0.1%を0.3%位には、
利息を上乗せ出来る場合があるという。

お金持ちでなくとも利息を上げてもらう方法は
家電量販店ばりの交渉!

ちなみに、
小口定期預金だとしても、
他行に預金額が沢山あるという事が、
分かっている場合には、
交渉が成功する可能性がある。

更に言えば、
住宅ローンの借り換え等でも、
そのような他行との競り合いは存在するので、
家電量販店ばりに、
言ってみる事で得する可能性がある。

続きは「銀行が早く閉まる理由」の記事に掲載。

レビュー

銀行と家電量販店では、
だいぶイメージが異なりますが、
交渉可能というのは驚きの情報でした。

ちなみに以前私も、
それほど高額では無かったのですが、
定期預金を作るよう銀行の方に勧められた際に、
提示された金利よりよくする事を促されました。

なんでも交渉してみた方が、
得をするという事ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ