林修の今でしょ!講座|銀行員の営業・新規の客と他行の客どちらを狙う?日本のタンス預金の総額

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「銀行」。

我々にとって身近な銀行。

その裏話を教えてくれる先生は、
元銀行員・銀行取引コンサルタントの上田真一先生

上田真一先生は、
これまで1000件を超える融資案件をまとめた、
実績を持つお金のプロである。

前回は「銀行員の厳しいノルマ」の記事に掲載。

新規の客と他行の客どちらを狙う?
日本のタンス預金の総額

銀行員が営業を掛ける場合、
他行のお客を獲得するよりも、
新規のお客を狙うのが現実的である。

日本というのはタンス預金、
つまりは家に現金で持っている人が結構いる。

日本国内のタンス預金の総額は約80兆円もある。
※2011年日銀発表

この額は日本の国家予算に近い額である。

続きは「銀行員の営業テクニック」の記事に掲載。

レビュー

私は現金は手持ちのモノ以外、
全て預けてしまっているので、
信じられませんが、
タンス預金の額は80兆円もあるのですね。

勿論、タンス預金というのは言葉だけの話で、
実際は家の金庫等に入っているのでしょうが。

火事や空き巣・強盗のリスクを考えると、
とてもじゃないと怖くて出来ませんが、
80兆円もあるとなると、
世間的には意外と普通の事なのかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ