林修の今でしょ!講座|銀行員はどんな仕事をしているの?銀行員の厳しいノルマ

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「銀行」。

我々にとって身近な銀行。

その裏話を教えてくれる先生は、
元銀行員・銀行取引コンサルタントの上田真一先生

上田真一先生は、
これまで1000件を超える融資案件をまとめた、
実績を持つお金のプロである。

銀行員はどんな仕事をしているの?
銀行員の厳しいノルマ

銀行員に課せられるノルマの原則は、
預金を増やす事である。

貸したお金を回収するノルマというのは、
あまり課されていないのが実情である。

どちらかと言えば、
融資を実行出来るようにするのが、
銀行員として課されるノルマとして大きい。

昔は定期預金のノルマが、
どれ程あったかといえば、
1人あたり半年間で1億円が課せられていた。

これは獲得ではなく純増で判断される。

例えば窓口で300万円の定期預金を、
解約されてしまった場合、
成績がマイナスになってしまう。

そしてその日のうちにどこかから、
300万円の定期預金を獲得してきて、
ようやくチャラになって成績がプラマイ0になる。

なので実際は解約も含めると、
2~3億円半年間でとっていかなければ、
1億円は伸びない。

このノルマが達成出来なければ、
自分自身の個人のボーナスが下がる。

続きは「日本のタンス預金」の記事に掲載。

レビュー

証券会社の営業マンも、
厳しいノルマに晒される事は、
非常に有名な話ですが、
銀行の営業マンもなかなか大変な様ですね。

金融業界は、
どれも営業ノルマが厳しいという事でしょう。

誰かが銀行マンは、
お金・数字が全て、
お金・数字こそが人格と言っていたのを思い出しました。

お金が全てという考えは、
賛否両論あるとは思いますが、
個人的にはこれだけはっきりした考えであると、
逆に感心してしまいます。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ