林修の今でしょ!講座|金利の高い国ってどこ?金利の高い国ベスト3・外貨預金選び成功のポイント

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「投資」。

最も身近な消費税には、
知らない秘密が沢山あった。

教えてくれるのは、
経済評論家の飯田泰之先生

飯田泰之先生は、
東京大学経済学部を卒業し、
明治大学政治経済学部で、
准教授を務めるお金のプロである。

前回は「外貨預金のメリット」の記事に掲載。

金利の高い国ってどこ?
金利の高い国ベスト3

外貨預金をする上で、
金利の高い国を選ぶの重要。

そこで主要な国の中で、
目立って金利の高い国(高金利の国)ベスト3は、
1位:ブラジル(レアル)で10.75%
2位:トルコ(リラ)で10.0%
3位:南アフリカ(ランド)で5.5%である。

外貨預金選び成功のポイント

しかし、
ブラジルは10%以上の金利が付くので、
一方的に得なのかと言えば、
簡単にそうとは言えないのである。

利率が高い国は高いだけの理由があるのである。

例えば、
利率が10%でないと、
貸してもらえないという事情もある。

つまり、
利率が高いという事は、
高い利子を付けないとお金を貸してくれない、
という背景もある。

ただその一方で、
物凄く儲かるので、
どんなに利率が高くても借りたいという、
ポジティブな理由で金利が上がる事もある。

その為にも、
自分がある程度分かっている国、
そしてある程度自分が興味を持てる国の、
外貨預金をするべきである。

まとめれば、
外貨預金はなぜ金利が高いのか、
その国の経済の見極めが非常に大事なのである。

レビュー

金利10%とはまた景気が良い話ですが、
上手い話には必ず裏があるので、
その辺はきちんと見極める目・能力が必要という事ですね。

ちなみに、
ブラジルはワールドカップ・五輪と、
世界的なイベントを連続で控えている為、
インフラ整備に追われ、
非常にお金が必要との事で、
金利が高くなっている背景があるようです。

一方で、
資源国であるブラジルは、
中国など他の新興国の経済の影響を、
もろに受ける影響がある様なので、
他国の状況にも気を配った方が良いそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ