林修の今でしょ!講座|実は良い事づくし!?『不動産投資』3つの投資とは?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「投資」。

最も身近な消費税には、
知らない秘密が沢山あった。

教えてくれるのは、
経済評論家の飯田泰之先生

飯田泰之先生は、
東京大学経済学部を卒業し、
明治大学政治経済学部で、
准教授を務めるお金のプロである。

前回は「真逆の株を買う」の記事に掲載。

実は良い事づくし!?
『不動産投資』3つの投資とは?

不動産投資というと、
マンション投資といったマイナスイメージが強い。

しかし実は、
不動産投資というのはそれだけではない。

3つの投資に分かれると考えた方が良い。

不動産投資した後の運用方法として、
1つ目は人に貸して家賃収入を得る事がある。

2つ目は値上がりを待って転売するという事がある。

3つ目に、
忘れがちであるが、
自分で住むという選択肢もある。

自宅がなければ、
家賃を毎月支払う必要がある。

それであれば、
買ってしまって自分が住む権利を、
確保した方が良いという考えもある。

それが既に投資であり、
借り手・買い手がつかなければ、
自分で住めば良いだけの話なのである。

一見、
良い事づくしの不動産投資。

しかし、
どんな資産にもデメリットはあるのである。

続きは「不動産投資のデメリット」の記事に掲載。

レビュー

不動産投資というと、
何か胡散臭い感じがしますし、
高額なだけに非常に怖い投資という印象があります。

しかし、
確かにこの説明を聞く限り、
メリットの方がデメリットより大きな気がしますね。

借り手・買い手が見つからなければ、
その期間は自分が住めば良いという、
機動力ある発想は私にはありませんでした。

もっとも独身ならいざ知らず、
家族がいる場合は、
そこまで機動力・行動力が必要な投資方法は難しいかもしれませんが。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ