林修の今でしょ!講座|リスクを減らす株の買い方!投資のコツ・真逆の株を買う!

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「投資」。

最も身近な消費税には、
知らない秘密が沢山あった。

教えてくれるのは、
経済評論家の飯田泰之先生

飯田泰之先生は、
東京大学経済学部を卒業し、
明治大学政治経済学部で、
准教授を務めるお金のプロである。

前回は「株を買う時の注意点」の記事に掲載。

リスクを減らす株の買い方
投資のコツ・真逆の株を買う!?

リスク分散には自分の人生と比べながら、
株を買うというの投資のコツとも呼べる。

その投資のコツが、
真逆の株を買う」という事。

これはなるべく、
自分が勤めている会社、
または自分が勤めている業界が、
調子の悪い時に上がる株を購入するという事である。

一方で自分の会社・業界が調子良い時には、
冴えない株の事である。

具体的には輸入産業関係の仕事をしていれば、
輸出産業関連の株を購入すると良いという事である。

このような買い方をすれば、
自分の会社・業界が調子の良い時には、
株で多少損をしていても我慢できる。

逆に自分のボーナスが下がったり、
会社・業界の景気が悪い時には、
株で得が出ていると安心できる。

景気が良かったら全部景気が良い、
景気が悪くなったら全部景気が悪い、
というジェットコースターの様にならないように、
一方向にんだけ資産が増える状況を、
防ぐのが大事と言える。

株・相場・投資の事を考える
時間を決めておくのが大事!?

また、
株や相場など、
投資の事を考える時間を決める事も大事だという。

これは年がら年中、
一日中スマホをいじって株をチェックしていると、
いつか本業に支障をきたしてしまう。

続きは「良い事尽くしの不動産投資」の記事に掲載。

レビュー

株式投資はリスク分散が、
大事というの前回の記事で指摘しましたが、
そのリスク分散でも大事なのが、
真逆の業界の投資を考えるという事。

一方が損していても、
もう一方が得していれば、
プラマイは0です。

更にきちんと損切りが出来て、
利食いが出来る能力があれば、
このリスク分散するだけで、
確実に利益を残す事が出来るでしょう。

リスク分散は同じ業界の何社に分けてもダメ。

別の業界、
出来れば正反対の業界に、
分散させるように心がけましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ