林修の今でしょ!講座|消費税増税でマンションは「購入」「賃貸」ではどっちが得?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「消費税」。

最も身近な消費税には、
知らない秘密が沢山あった。

教えてくれるのは、
経済評論家の岸博幸先生。

岸博幸先生は官僚経験もあり、
経済産業省大臣の補佐官の経験もある。

前回は「消費税の矛盾」の記事に掲載。

マンションは「購入」「賃貸」ではどっちが得?

消費税を含めて判断すると、
マンションを購入するのと、
賃貸するのでは、
どれ程の物を購入するかで変わるので、
一長一短存在する。

あえて岸博幸先生の個人的な意見を言うならば、
買えるならば買っておいた方がいいという。

つまり、
今は家賃に消費税はかからないが、
将来的には家賃に消費税がかかる可能性もある。

だったらマンションは買った方が良いのである。

また、この話の流れでいうのであれば、
将来マンションを買うのであれば、
より高い消費税を払う確率が高いのである。

もっと言えば、
これから物価も上がるので、
なるべく早いうちに買っておいた方が良いという。

続きは「中古住宅の購入には消費税がかからない」の記事に掲載。

レビュー

マンションに関わらず、
一戸建てにおいても、
購入と賃貸ではどちらがお得という議論は、
常にされていますよね。

この答えは一長一短あるので、
どちらが良いと断言する事は出来ないのですが、
確かに岸博幸先生の仰る通り、
景気が今後良くなると家庭するのであれば、
インフレが起きる可能性があるので、
購入しておいて方が良いでしょう。

また消費税に関しても、
数%とは言え、
不動産・物件の購入となれば、
何百万単位になってきますからね。

消費税が上がる前に購入した方が良い事は、
明らかですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ