《リアルスコープ》山手線は1日何周するの?山手線の1日の走行距離、走行時間、平均時速等、ある1編成に完全密着し疑問を解明!

※潜入!リアルスコープハイパー 2013年7月6日放送分より

今回はJR東日本全面協力のもと山手線の裏側を全部見せるスペシャル。

停車駅29駅、1周34.5km、1日の利用客数323.8万人。
東京の大動脈の山手線

山手線は1日何周するの?」というギモンに答える。

番組では山手線のある1編成に完全密着。
1日で何周回まるのか数えてみた。

大井町駅周辺の東京総合車両センターを、
山手線の車両は出発する。

東京総合車両センターは2階建ての、
山手線専用の車両基地である。

山手線は出発までの45分前、
運転士はパンタグラフを上げて準備を始める。
運転士は列車の外に傷や破損がないかをチェックし、
列車の車内設備に異常がないかをチェックする。
車内設備に関しては、照明と、
ドアを主に確認する。

最後に運転室の動作確認を行うと、
始発駅となる大崎駅を訪れ出発する。

補足情報として、
山手線の運転士・車掌は基本的に1周したら、
大崎駅にて交代することが明かされた。
運転士は1日に5周の運転を行う勤務体系であることが明かされた。

そして山手線は1日中走り、
走り始めてから凡そ16時間、
16周目になり、
ようやく終点の大崎駅に変更され1日の仕事を終了させた。

結果、山手線は1日で16周することが判明。
その他、
走行時間:16時間46分、
走行距離:16周(552km)、
停車駅:464駅、
乗った乗務員:32人
というデータが明かされた。

この山手線の移動距離は、
東京~大阪の距離とほぼ同じであるという。

また大崎運輸区の区長によると、
山手線は1日で何周するかは、電車によって異なり、
多いもので17周、少ないもので2周、
平均すると約13周になることを説明。

《もうちょっと調べてみた&所感》

山手線って、1周の長さは34.5kmと、
非常に短め。

都内在住の方ならお分かりになるかと思うのですが、
ひと駅位なら全然歩ける距離ですよね。

それこそ新宿駅から代々木駅なんて、
目と鼻の先状態ですからね。

しかしさすがに1日中走るともなると、
東京から大阪までの距離を走りきったということになるのですね。

ちなみに1周にかける平均時間は64分だそうです。

すると平均時速は32.5kmということになります。

この時速だけみるとめちゃくちゃ遅いですよね。

しかし数分間隔でやってくることを考えますと、
これ以上の時速はかなり危険になってくるのかもしれません。

世界的にみても、
こんな数分間隔でやってくるにも関わらず、
正確な時間にやってくる山手線は、
非常に驚かれるそうです。

いやはや日本のインフラ技術は世界トップレベルと呼ばれるのも頷けます。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

2 Responses to “《リアルスコープ》山手線は1日何周するの?山手線の1日の走行距離、走行時間、平均時速等、ある1編成に完全密着し疑問を解明!”

  1. Title

    […]one of our guests recently recommended the following website[…]

  2. Title

    […]here are some hyperlinks to sites that we link to due to the fact we think they are really worth visiting[…]

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ