林修の今でしょ!講座|自分で書いた遺言書は必ず揉める!自筆遺言書と公正証書遺言書

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「遺産相続」。

遺産相続とは、
亡くなった人の財産を家族が受け継ぐ事。

教えてくれるのは、
相続ステーション統括代表・寺西雅行先生。

5000件以上の相続問題を扱う、
関西トップクラスの税理士である。

前回は「相続放棄の落とし穴」の記事に掲載。

自分で書いた遺言書は必ず揉める!?

遺言というものには、
2通り存在する。

1つ目は自分で書こうとして書く自筆遺言で、
2つ目は公証役場で作ってもらう公正証書遺言

公正証書遺言というのは、
2人以上の証人の立会いのもと、
公証役場で作成する遺言書である。

公証人役場で作る公文書で、
法的にも有効であり、
トラブルに繋がりにくい遺言書である。

ところが有料で、
法律の中で決められており、
財産が多ければ高く、
登場人物が多ければ高くなる。

どちらも法律的には有効だが、
自筆遺言はお手軽な所がメリットだが
トラブルに発展しやすいデメリットがある。

自筆遺言書は、
遺言者の筆跡をまず疑われる。

また、認知症などで、
意思能力が弱っていたのではないかと疑われる。

そして、
遺言者の書き方を巡って、
法的に有効なのに、
遺産相続の手続きが出来なくなるケースもある。

例えば「子供に均等に財産を渡す」と書けば、
一見して綺麗であるが、
家も全部均等に半々なのかという話になる。

自筆遺言書のルール

自筆遺言書のルールとしては、
自分の字で書く事
遺言書を書いた日にちを入れる事
住所氏名をしっかり書く事
印鑑を押す事が求められてる。

この形が揃えられていれば、
弁護士がいなくとも遺言書は完成である。

続きは「遺言書が後に見つかった場合」の記事に掲載。

レビュー

自筆遺言書でトラブルが多いのは、
有名な話ですよね。

公証役場での、
公正証書遺言というのは、
結構高額な費用はかかってしまいますが、
遺された家族が、
変にトラブルが起きないように、
きちんとした意思表示を、
残しておいた方が良いでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ