林修の今でしょ!講座|被相続人の借金・相続放棄の意外な落とし穴とは?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「遺産相続」。

遺産相続とは、
亡くなった人の財産を家族が受け継ぐ事。

教えてくれるのは、
相続ステーション統括代表・寺西雅行先生

5000件以上の相続問題を扱う、
関西トップクラスの税理士である。

前回は「故人の財産の探し方」の記事に掲載。

相続放棄の落とし穴

財産の調査の結果、
被相続人に借金がある場合、
相続人は借金を相続放棄によって、
背負わなくて良い。

但し、これには意外な落とし穴がある。

実は相続放棄の手続は、
たった3ヶ月以内に行わなければならない。

これは原則の法定期限である。

また、
気を付けなければならないのは、
相続放棄をする前に、
借金を少しでも返してしまうとか、
遺産の預金を出金して、
自分が利用してしまうと、
相続放棄は出来なくなる事である。

これは事実上、
相続したとみなされるからである。

単純相続といって、
一度財産を相続した者は、
相続放棄が出来ないのである。

続きは「自筆遺言書はトラブルに」の記事に掲載。

レビュー

被相続人が多大な借金を残していても、
それを相続人が放棄出来るのは有名な話。

つまり、
ドラマ等にありがちな、
親の借金を~みたいな話は、
きちんとした手続きを踏めば、
支払う必要はないのです。

とは言え、
そこには上述したような、
落とし穴が存在するとの事。

遺産の預金・貯金をおろしてしまうのは、
なんともやってしまいそうな話。

きちんと被相続人に借金がないか、
調べた上で、
引き出すように致しましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ