林修の今でしょ!講座|被相続人・故人の財産を簡単に調べる方法は?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「遺産相続」。

遺産相続とは、
亡くなった人の財産を家族が受け継ぐ事。

教えてくれるのは、
相続ステーション統括代表・寺西雅行先生

5000件以上の相続問題を扱う、
関西トップクラスの税理士である。

前回は「家財道具は遺産」の記事に掲載。

故人の財産を簡単に調べる方法は?

亡くなった人(故人)の財産を調べる、
簡単な方法を紹介。

実は相続が起きてしまえば、
妻や子供は被相続人である夫の、
過去10年分の預金の取引履歴を調べる事が出来る。

そしてそれを調べていくと、
どこで出金され、
お金が減っているのかが分かる。

はたまたクレジットカードの引き落としが大きくて、
その明細を取ってみれば、
高額な買い物の経歴も判明するのである。

これまでは相続人の家族全員が合意しないと、
調べる事は出来なかった。

しかし今はたった1人で、
その他の相続人には無断で調べる事が出来るのである。

更に驚くことに、
税務当局も調べる事が出来る。

つまり家の中の通帳を、
被相続人がどのように処分しようが関係ないのである。

また、
亡くなる直前に預金口座からお金を引出して、
遺産を少なく見せて相続税の基礎控除以下に、
みせようとしても全くの無駄なのである。

続きは「相続放棄の落とし穴」の記事に掲載。

レビュー

過去10年の入出金を確認されてしまうのは、
被相続人にとってはちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

どのような事にお金を使ったのかが、
大体把握されてしまうので、
家族に秘密にしていた用途もバレてしまう訳ですから。

死後の事だから関係ないという人も、
中にはいるかもしれませんが、
家族が驚愕の事実が判明しないように、
晩年の預金口座の入出金は、
くれぐれも注意した方がよさそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ