林修の今でしょ!講座|相続税を抑える節税方法は?贈与は一定額が超えると税金がかかる?

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「遺産相続」。

遺産相続とは、
亡くなった人の財産を家族が受け継ぐ事。

教えてくれるのは、
相続ステーション統括代表・寺西雅行先生

5000件以上の相続問題を扱う、
関西トップクラスの税理士である。

前回は「景気と相続税の関係性」の記事に掲載。

相続税を抑える節税方法は?

その遺産相続のプロが、
相続税を抑える方法・節税方法を教える。

それが「贈与」である。

贈与とは書いて字の如く、
財産を送り与える事で、
「生前贈与」とは、
生前に親から子・孫へ財産を分け与える事である。

この贈与という方法を、
上手にかつ正確に行う事によって、
かなりの部分まで、
相続税は減らす事が出来る。

贈与は一定額が超えると税金がかかる?

年間に贈与を受けた額が、
110万円を超えると贈与税がかかる。

つまり1人辺りに年間110万円贈与していけば、
贈与税がかからないので、
実質相続税の節税になのである。

簡単に出来る節税方法は?

また分譲マンションを購入して、
住まずに賃貸するのは、
節税方法として典型的な手法である。

1000万円をお金で持っていると、
1000万円で課税されるが、
1000万円で中古の分用マンションを購入していれば、
200~300万円の評価額となり、
財産額は700~800万円減った事になり、
節税に繋がるのである。

続きは「遺産相続のトラブルを防ぐ方法」の記事に掲載。

レビュー

個人的な話になりますが、
私の親も相続税対策でこの贈与を始めました。

贈与税のかからない、
上限が年間で110万円という事なので、
1年でも早く、
子供や孫等の口座に、
お金を移した方が、
相続税対策になるという事になりますからね。

自分の死後の事を考えなければいけない作業なので、
なかなか気が重くなる作業ではありますが、
相続人の事を考えれば、
節税しておいた方が良いと言えるでしょうね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ