林修の今でしょ!講座|相続税は景気によって大きく変わる?相続税と景気の関係性

※林修の今でしょ!講座 2014年4月8日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「お金」。

お金のプロ・スペシャリストが、
意外と知らない、
お金に関する秘密・疑問を徹底解明する。

講義内容は「遺産相続」。

遺産相続とは、
亡くなった人の財産を家族が受け継ぐ事。

教えてくれるのは、
相続ステーション統括代表・寺西雅行先生

5000件以上の相続問題を扱う、
関西トップクラスの税理士である。

前回は「相続税はいくらかかる?」の記事に掲載。

相続税は景気によって大きく変わる?

景気と相続税には関係性があるという。

景気が少し良くなってきて、
地価・株価共に上がってくると、
もはや相続税は資産家・お金持ちのモノではなくて、
大衆税化してくる。

つまり、
土地の値段が上がり、
相続税を多く支払う事になるので、
喜んでいるばかりもいられない。

特に持っているのは土地だが、
支払うのは現金なので、
その面でも大きな問題となってくる。

続きは「相続税の節税方法」の記事に掲載。

レビュー

景気がよくなると、
良い事ばかりではないという典型例ではあります。

景気が良くなれば、
土地や株等の、
資産価値が変わる物に関しては、
当然引き上がる事になりますので、
その分、
相続税が増税されてしまうという事になりますね。

株はともかく、
土地・不動産の場合は、
相続税を支払えるだけの、
大量の現金を手に入れるのは難しいので、
考えものですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ