沸騰ワード10|「藤原充史さん」ラーメン業界で話題沸騰のキーワード

※沸騰ワード10・アノ業界で話題沸騰のキーワード教えます! 2014年4月7日放送分より

気になるあの業界で、
何が起きているのか調査する、
業界リサーチ番組。

徹底リサーチで、
その業界で話題沸騰中の、
キーワード10個を紹介。

テーマは「ラーメン業界」。

前回は「ラーメン女子」の記事に掲載。

藤原さん

今、ラーメン業界で、
数多くのラーメン屋を繁盛店に導いた、
救世主と呼べる人物がいる。

その人物こそ、
藤原充史である。

藤原充史は、
ある方法で数多くのラーメン店を、
繁盛店へ変貌させたという。

その方法とは、
ラーメンの写真撮影。

藤原充史は、
ラーメン専門のカメラマンなのである。

藤原充史が撮影し、
売上に貢献してきたお店の数は1000軒以上。

コンビニで販売されている、
ラーメン本の表紙の撮影も、
藤原充史が担当している。

藤原充史に依頼する理由を、
ラーメン屋の店主にたずねると、
細部へのこだわりが半端無く、
出来上がりの写真の完成度が非常に高いという。

その藤原充史の一番のこだわりは撮影時間

ラーメン一杯の撮影時間は、
なんとたったの25秒。

短い理由は、
ラーメンも生き物なので、
時間が経つと死んでしまう。

出来たてが最も美味しい瞬間だからだという。

その姿を逃さないように、
藤原充史は必ず30秒以内で撮影しているのである。

ちなみに、
藤原充史は、
テレビや雑誌では定番のカットを、
絶対に撮影しないという。

それは「箸上げ」。

「箸上げ」とはテレビでは、
料理が美味しく見える超定番カットで、
箸で料理を持ち上げている瞬間を撮影する事。

ところが、
藤原充史の写真を見ると、
箸上げは一切撮っていない。

その理由は、
ラーメンは芸術品であり、
箸上げをすると、
せっかく綺麗に作ってしまったのが、
壊れてしまうからだという。

このようなこだわりを持つ、
藤原充史の写真に惹かれて、
客は多く店に来店してくれるのだという。

続きは「東武スカイツリーライン」の記事に掲載。

レビュー

テレビ・雑誌では、
必ず撮る定番カットを、
自信のこだわりから、
絶対にやらないという藤原充史さん。

そのこだわりや気持ちがが、
カメラに宿り、
客を呼び寄せる写真を、
撮影出来るのかもしれません。

またこのようにラーメンを愛する、
藤原充史さんだからこそ、
ラーメン屋の店主の方々も、
写真撮影を依頼したくなるのでしょうね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ