沸騰ワード10|「2030年問題」航空業界で話題沸騰のキーワード

※沸騰ワード10・アノ業界で話題沸騰のキーワード教えます! 2014年4月7日放送分より

気になるあの業界で、
何が起きているのか調査する、
業界リサーチ番組。

徹底リサーチで、
その業界で話題沸騰中の、
キーワード10個を紹介。

テーマは「航空業界」。

前回は「LCC」の記事に掲載。

2030年問題

国土交通省航空局によると、
世界的に今後航空需要が増大し、
2030年頃には、
現在のパイロット数46万人の2倍以上の、
パイロットが必要だという。

つまり、
世界的な航空需要が急増し、
2030年頃には、
世界的なパイロット不足が起きる可能性がある。

ちなみに、
1人前のパイロットを1人育てるには、
10年の時間と億単位の費用が必要となる。

その為、
航空業界ではフライトシミュレーターを増設するなど、
対策に追われているのである。

続きは「スイート」の記事に掲載。

レビュー

パイロット1名を育てる為には、
そんな多大なコストが必要だったのですね。

調べてみますと、
自家用機のパイロットであれば、
費用はかかるものの、
それ程大変ではないそうです。

しかし、
ここで言われるパイロットは、
大型旅客機のパイロットの事ですよね。

航空会社のパイロットになるには、
専門の大学校か、
航空会社の自社養成に合格する事が必要で、
時間・費用以外にも、
狭き門である事が分かります。

但し、
需要は拡大するとの事なので、
時間・費用は別にしても、
パイロットになる難易度は低くなるのかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ