有吉反省会|一流タレント・てんちむ・芸能界一ヒマ

※有吉反省会 2014年3月16日放送分より

大御所芸能人・文化人・一流スポーツ選手が、
MC有吉弘行の前で、
自らの過ちを告白し、
悔い改める番組である。

一流タレント
てんちむ
芸能界一ヒマ

元子役・てんちむは、
現在芸能界で一番暇している事を反省した。

一流タレント・てんちむは、
6歳から芸能活動を始め、
NHK「天才てれびくんMAX」にレギュラー出演すると、
一躍大ブレイク。

なんと16歳にして、
子役時代に貯めたお金でマンションを購入。

その後は、
ギャルに路線変更し、
雑誌・バラエティー・映画とマルチに活躍。

多忙な芸能生活を送っていた。

そんな中、
2012年に18万部売れた著書「中学生失格」の、
莫大な印税と、
つけまつ毛プロデュース料が入った事をきっかけに、
自ら仕事の量を減らし、
18歳にして隠居生活をスタート。

その間は、
テレビなど仕事のオファーを断り続けた。

しばらくして、
そろそろ仕事がしたいと、
アキバ系で再起を狙うも、
仕事が全く来ない状況になった。

するとブログで、
マジ暇
ヒマの極み
2013年を漢字で表すと暇
などと書き記した。

暇を持て余すあまり段ボールで、
なめこの着ぐるみを工作。

それでもまだ、
売るほどある暇な時間を潰そうと、
スロット、麻雀、サバイバルゲームと遊び呆けた。

大好きなモンスターハンターの、
総プレイ時間はなんと1000時間超え。

番組の打ち合わせでは、
4日ぶりにまともに人と話したというてんちむは、
人と話す事は凄く楽しいと語った。

ちなみに去年(2013年)は、
仕事が5日程しかしていないが、
お金に関しては印税が莫大過ぎるので、
全然心配はないという。

事務所は鈴木奈々と同じで、
よく喋るキャラが被る為、
事務所から仕事がおりてこない事に、
愚痴をこぼした。

人気も絶頂期に比べれば全然なく、
子役時代の握手会の人数は1000人を超えたが、
現在は誰も来なかったという。

最終的に、
てんちむは子役あがりの金持っているクズと一蹴され、
渋谷を大掃除して暇を潰すという禊が言い渡された。

レビュー

18歳にして隠居生活とは、
日頃必死で働く方々にとっては、
なんとも羨ましい話ではありますね。

お金も印税の貯蓄が非常にあり、
マンションも購入済という事で、
月々5万円で暮らせる日もあるそうなので、
全く問題ないそうです。

しかし、
逆に仕事をしないはしないで、
世間から取り残された感じや、
孤立・孤独感は絶対に感じるでしょうから、
一概に羨ましいとは言えないのかもしれません。

手に職がある事自体が、
非常に恵まれている事なのかもしれませんよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ