スマステ|自分で窓の大きさを判別して動いてくれる!新技術が詰まったオート窓掃除ロボット!春の便利家電ベスト20

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年3月29日放送分より

消費税増税直前
専門家が厳選した
最新!春の便利家電ベスト20

今回は消費税増税前にチェックしたい、
春の最新家電を特集。

専門家が選び抜いた、
春の最新便利家電製品ベスト20を紹介する。

前回は「360度撮影カメラ」の記事に掲載。

自分で窓の大きさを判別して動いてくれる!
新技術が詰まったオート窓掃除ロボット

リビングの広い窓の掃除、
高い所は拭きづらかったり、
反復作業が意外と重労働。

そんな時にオススメな家電製品が、
全自動窓掃除ロボット
ガラスロボットクリーナーWINBOT・ウィンボット W730(ECOVACS JAPAN)。

2013年に欧米で販売され、
たちまち人気となった窓掃除ロボットが、
日本上陸した。

使い方は簡単。

まずは付属の洗浄液を裏面にある、
クリーニングパッドに吹きかける。

そして本体を窓にセット。

本体と窓の設置面が真空状態に近くなり、
ぴったりと吸着するとランプが青色に点滅。

本体から手を離し、
スタートボタンを押すと、
ロボットが自動で窓の大きさを判別し、
上下左右へと動き、
最短コースで窓掃除を開始するのである。

この商品は3つのステップで効率よく掃除する。

まず一つ目は、
前方の洗浄液がついたクリーニングパッドで、
汚れを浮かせるのである。

二つ目は本体についてワイパーで、
残った湿気や汚れをかき出す。

三つ目は後方の乾いたクリーニングパッドで、
窓を拭き取るのである。

この三つの工程で、
水拭きから仕上げまで、
5分~10分程度で行ってしまう。

続きは「除湿乾燥機」の記事に掲載。

レビュー

ワンルームのような、
小さな窓しかない部屋に、
住んでいる方にはニーズは少ないかもしれませんが、
一戸建ての大きな窓をお持ちの家に、
住んでいるファミリーには、
需要があるかもしれません。

またオフィスの掃除など、
どちらかと言えば、
業務用に需要があるのではないかと、
感じてしまいました。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ