《深イイ話》佐藤青児「耳たぶ回し小顔法」耳たぶ周辺の筋肉をほぐすことで顔が大きい悩みを解消し、小顔になれる方法とは?

※人生が変わる1分間の深イイ話 2013年7月1日放送分より

今回は貴方の身体が美しく変われる、
巷で話題の美男美女になれる美容法スペシャル。

歯科医・佐藤青児耳たぶ回し小顔法で、
小顔になれるメソッド(方法)を開発し、
話題をよんでいる。

このメソッドは、
誰でも自分1人で小顔に出来るというもの。

歯科医である佐藤青児が、
小顔になれるメソッドは開発した理由はまさに偶然の産物。

佐藤青児は元々は顎関節症という、
口の周囲の関節や筋肉が痛む症状で、
悩んでいる女性の治療にあたっていた。

その中で、佐藤青児は、
ある共通点を見つけた。

それは「耳たぶ周辺の筋肉が硬くなっている」ことである。

そこで独自に筋肉を緩めてほぐす方法を考案した所、
小顔になったいう患者から反響があったという。

今回はその「小顔メソッド」を紹介。

まずは耳たぶを軽くつまみ、
後ろに回す。

耳周辺の筋肉をこれでほぐすのだという。

そして、
頬をなでおろす。

下あごを前後に動かし、
「アイ~ン」をしている状態にする。
更に下あごを左右に動かす。

その後、大きく口をあける。

下あごを突き出し、
肩を後ろ回しにする。

しばらくこの方法を繰り返した後に、
頬を軽く引っ張りながらなでる。

《もうちょっと調べてみた&所感》

結構小顔になる方法というのは、
巷に出まわってますが、
私なりにポイントをまとめてみると、
後述の2点に集約されるかと思います。

1つ目が「顔の筋肉が凝っている、緩んでいる」という点。

顔の筋肉が張ってしまっていることで、
エラが張って見えてしまったり、
筋肉が緩んでしまうことで、
顔の肉が垂れ下がり、
顔が大きく見えてしまうという風な具合ですね。

前者の顔の筋肉が凝るという症状は、
この佐藤青児先生の小顔メソッドで解決できるのかなぁと、
感じました。

また後者の顔の筋肉が緩んでいるという点に関しては、
以前の記事に紹介したベロ回し体操が効果的ではないかと思いました。

そして、
2つ目のポイントは「顔に老廃物がたまりむくんでしまう」という点。

こちらは頬をから耳の後ろ、
鎖骨といった流れで老廃物がきちんと流れるよう、
マッサージすることで改善されるかと思います。

あるいは、
顔用のサウナマスクで発汗を促すのも効果がありそうですね。

顔の大きさにお悩みの方がいれば実践してみて下さい。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ