月曜から夜ふかし|お寺の全自動鐘つき機!最近世の中が便利になり過ぎている件

※月曜から夜ふかし 2014年3月3日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

最近世の中が便利になり過ぎている件

タッチパネルで注文出来る居酒屋や、
高速で運んでくれるハイテク回転寿司など、
どんどん便利になる世の中。

今回は、
我々人類の飽くなき探究により、
最近の便利になっている物を色々調査した。

前回は「電子賽銭箱」の記事に掲載。

全自動鐘つき機

お寺の鐘。

その音色は時を告げるだけでなく、
人間の煩悩を払い去るありがたいもの。

そんなお寺の鐘も、
もはや全自動になった。

その名の通り、
鐘つきの時間になると、
強力なスプリングで、
自動で鐘をついてくれる。

タイマー機能(メモリー26件)もあり、
うっかり鐘をつき忘れてしまう心配もない。

しかも、
最大なんと999連発も可能。

108つの除夜の鐘もお安い御用で楽々。

勿論、
自動でも手動でも鐘の音の有り難みは変わらない。

お寺の住職に話を聞くと、
外出して誰もいなくなった時に、
忘れずに正確な時間につけるというのは、
大変便利だという。

最初は緊急時に使うつもりだった全自動だが、
人は便利になると甘えが生じる。

今や除夜の鐘以外は、
全てタイマーで行っているお寺も存在する。

気になる全自動橦木のお値段は、
457000円からである。

全国に1800台以上が導入されている。

続きは「卒塔婆用プリンター」の記事に掲載。

レビュー

非常に高価な便利アイテムになりますが、
自分がお坊さんの立場だったら、
確かに便利なアイテムかもしれません。

但し知らない人が、
全自動鐘つき機を見たら、
ホラーな印象を受けるかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ