スマステ|実写映画化もされ大ヒットシリーズに・バイオハザード(1996)!大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年3月1日放送分より

大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

今回は、
大人がハマったやりこみゲームベスト15を紹介。

前回は「草彅剛がどハマリしたゲーム」の記事に掲載。

実写映画化もされ大ヒットシリーズに
バイオハザード(1996)

出荷通算6000万本以上。

第5位は「バイオハザード」。

対応ハードは「プレイステーション」。

ゾンビ化した生物がうごめく、
不気味な洋館の謎を解き、
脱出を目指す、
サバイバルホラーアクションゲーム。

全体を包む暗く重い雰囲気に、
油断していると死角から突然現れるゾンビ。

「とにかく怖い」と話題になり、
全世界で、
シリーズ累計6000万本以上の大ヒットとなった。

更に人気はゲーム世界を飛び出し、
ハリウッドで映画化。

こちらも「バイオハザード」という名称で、
お馴染みの大ヒット映画となった。

そんなバイオハザードシリーズの最新作が、
バイオハザード6」。


CGがより一層リアルとなり、
恐怖感も倍増している。

続きは「ファイナルファンタジー」の記事に掲載。

レビュー

バイオハザードは、
初代が一番怖いという声が多いですよね。

理由は諸々あると思いますが、
1番の理由は、
やはりこれまでに無い、
衝撃的なサバイバルホラーゲームの、
デビュー作の為、
印象深いかったからではないでしょうか。

また最近のバイオハザードシリーズと異なり、
「サバイバル」の部分に重きが置かれ、
武器が非常に少なく、
敵を退治するよりも上手く逃げるゲームという、
印象が非常に強いです。

そのようなゲームの仕様の違いが、
怖いと思わせる要因に繋がっているのだと思います

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ