スマステ|ゲーマーSMAP草彅剛がどハマりしたレトロゲームセレクション!

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年3月1日放送分より

大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

今回は、
大人がハマったやりこみゲームベスト15を紹介。

前回は「す~ぱ~ぷよぷよ」の記事に掲載。

ゲーマーSMAP・草彅剛が
どハマりレトロゲームセレクション

ランキングとは別に、
ゲーマーのSMAP・草彅剛が、
どハマリしたゲームセレクションを紹介。

ネズミvsネコのカワイイ戦い
マッピー(1984)

1つ目は「マッピー」。

ネズミの警官マッピーが、
猫の盗賊団のアジトに潜入。

追跡をかわしながら、
金庫や絵画など盗まれた物を回収する、
アクションゲーム。

敵のネコをはね飛ばせる扉や、
はねている間はネコに当っても大丈夫な、
トランポリンを上手に使って、
巧に追跡をかわすのが腕の見せどころだった。

カエルに乗って妖怪退治
忍者じゃじゃ丸くん(1985)

2つ目は「忍者じゃじゃ丸くん」。

忍者のじゃじゃ丸くんが、
捕らわれたさくら姫を救う為、
手裏剣で妖怪を倒していくアクションゲーム。

道路を破壊すると、
トロッコ等のパワーアップアイテムが出現し、
一気に敵を倒す事が出来る。

このゲームではアイテムを3つ集めると、
ガマパックンという名前のカエルが現れて、
敵を金縛り状態にして食べてくれる。

軽快なBGMで世界旅行
シティコネクション(1985)

3つ目は「シティコネクション」。

軽快な音楽にのって、
街を駆け抜けるドライブゲーム。

ニューヨークにはじまり、
パリ、ロンドン、更にインドと、
世界中をドライブする気分を味わえた。

そして4段ある道路を全て白く塗り替えると、
クリアになるのだが、
厄介なのがネコ。

車で轢いてしまうと、
「ねこふんじゃった」のBGMが流れ、
アウトとなってしまう。

圧倒的なスピード感に感動
F-ZERO(1990)

4つ目は「F-ZERO」。

スーパーファミコンと同時発売されたソフト。

スピード感溢れる未来のレースゲーム。

壁や敵にぶつかるとダメージが溜まり、
最終的には爆発してしまう。

エネルギーをチャージして走り進めるのだが、
これが意外に難しく、
完走出来ないプレイヤーが続出した。

そしてこのゲームでとにかく熱くなったのが、
タイムトライアル。

スタートと同時に、
隣のマシンにわざと追突されて、
スピードアップ。

一気に加速できるスーパージェットを、
ジャンプ台で使用して、
ショートカットし、
タイムを0.1秒でも縮める為、
様々な技を練習した。

協力プレイも熱くなった
アイスクライマー(1985)

5つ目は「アイスクライマー」。

鳥やアザラシなどの敵を、
ハンマーで撃退し、
上へ上へと登っていくアクションゲーム。

野菜が並ぶボーナスステージまで、
到達すればクリアだが、
上級者になると、
上空を飛ぶ鳥をキャッチし、
ボーナスポイントをゲットしていた。

2人同時プレイも可能で、
同時にゲームを進める事が出来たが、
片方が先に進み過ぎると、
もう1人が画面の外に追いやられ、
ワンミスとなってしまう為、
先に上がる競争に発展する事が多かった。

キャラ選びで人間性が出た
キン肉マンマッスルタッグマッチ(1985)

6つ目は「キン肉マンマッスルタッグマッチ」。

1980年代に絶大な人気を誇った、
漫画「キン肉マン」の世界を、
ファミコンで再現したプロレス格闘ゲーム。

勝負の鍵となったのが、
ミート君が投げる命の玉。

これを取ると、
キン肉マンのキン肉ドライバーや、
ウォーズマンのベアークローなど、
お馴染みの必殺技を出すようになれるのだが、
ブロッケンJr.の毒ガス攻撃が、
あまりに強力過ぎる為、
子供達の間では、
ブロッケンJr.を使わないのがマナーとされた。

続きは「バイオハザード」の記事に掲載。

レビュー

草彅剛さんと同年代の方々にとっては、
有名なゲームが並んでいるのかもしれませんが、
私は世代ではないので、
ピンとくる作品がほとんどありませんでした。

しかし現在はほぼ新作が発売されない、
2Dマップのアクションゲーム。

レトロゲームでしか味わえない面白みだと思うので、
機会があったら遊んでみたいですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ