スマステ|貧乏神の押し付け合いに燃えた・スーパー桃太郎電鉄(1992)!大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年3月1日放送分より

大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

今回は、
大人がハマったやりこみゲームベスト15を紹介。

前回は「ゼビウス」の記事に掲載。

貧乏神の押し付け合いに燃えた
スーパー桃太郎電鉄(1992)

友達皆でやりこんだ。

第7位は「スーパー桃太郎電鉄(1992)」。

ハードはファミリーコンピューター他。

日本中を列車で駆け巡るすごろくゲーム。

鉄道会社の社長になって、
指定されたゴールに向かいながら、
途中で立ち寄る駅で物件を買収。

日本一の大社長を目指す。

最大4名までのプレーで、
友達や家族みんなで楽しめると人気になった。

やりこみポイント

そんな桃太郎電鉄で、
戦いをより熱くさせたのが、
すごろくで最下位だった人に付き纏う貧乏神。

「ボンビー」が口癖のこのキャラに憑かれると、
強制的に資産を減らされてしまう為、
貧乏神の押し付け合いが勝負の鍵となった。

続きは「す~ぱ~ぷよぷよ」の記事に掲載。

レビュー

桃太郎電鉄はゲーム好きなら、
1回はハマった事のあるゲームですよね。

すごろくをテレビゲームでやるというと、
非常に地味なゲームになりそうですが、
その概念を打ち破り、
華やかな楽しいゲームに仕上げた、
まさに名作中の名作ですね。

但し、
元々高性能なスペックを必要としない、
すごろくゲームなので、
ハードの上がる性能に、
ついていけていない感じを、
個人的には受けております。

最新ハードだからこそ可能な、
桃太郎電鉄の新作を今後期待したいです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ