スマステ|隠しアイテム探しに夢中になった・ゼビウス(1983)!大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年3月1日放送分より

大人がハマったやりこみゲーム ベスト15

今回は、
大人がハマったやりこみゲームベスト15を紹介。

前回は「テトリス」の記事に掲載。

隠しアイテム探しに夢中になった
ゼビウス(1983)

シューティングゲームに、
革命を起こした伝説的ソフト。

第8位は「ゼビウス(1983)」。

対応ハードは「ファミリーコンピューター」。

ゲームセンターで大人気だった、
革新的なシューティングゲームが、
ファミコンに移植され大ヒット。

戦闘機ソルバルウに乗車し、
敵の軍団ゼビウスへ攻め込む。

大迫力のボスキャラ、
浮遊要塞アンドアジェネシスに、
当時のプレイヤー達は度肝を抜かれた。

やりこみポイント

中でもプレイヤー達が熱くなったのは、
「隠しアイテム」探し。

一見何もない地面に地上攻撃すると、
自分の機体が一機増える、
スペシャルフラッグが出現。

こんな隠しアイテムが至る所に散りばめられていて、
それを探す楽しみも人気の秘密だった。

続きは「桃太郎電鉄」の記事に掲載。

レビュー

ゼビウスは世代じゃないので、
それほどやりこんだ事はないのですが、
現在でも名前は聞くので、
それだけ大流行になったゲームと、
言えるのかもしれません。

現在縦スクロール型のゲームの新作は、
ほとんど登場しない為、
このような縦スクロールの、
レトロシューティングゲームの存在は、
今なお貴重と言えるのかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ