スマステ|Calbee・カルビーが1年で使うジャガイモの量!初めて作ったジャガイモスナック 「サッポロポテト」!

※SmaStation!!(スマステーション) 2014年2月22日放送分より

お菓子大手3社禁断の徹底比較
最新売上ランキング

今回はお菓子特集。

LOTTE(ロッテ)、
Calbee(カルビー)、
meiji(明治)、
といったお菓子メーカー大手3社を、
禁断の徹底比較。

最新売上ランキングを大発表。

また、
各社の社員が教える、
秘密の美味しい食べ方を紹介。

1年に使うジャガイモは27億個
「カルビー」

Calbee(カルビー)の、
年間売上は1400億円以上。

現在全160種類の商品のうち、
なんと120種類が、
ジャガイモを使ったお菓子である。

それだけに、
カルビーが1年間に使うジャガイモの量は、
30万トン。

ジャガイモの数にして、
約27億個。

これは日本で収穫されるジャガイモの、
10分の1近くの量に相当する。

そんなジャガイモは、
どこに保管されているのだろうか。

それは北海道・帯広市にある、
カルビーポテト川西支所倉庫。

中には、
13000個のジャガイモが詰まったコンテナが、
実に4000個もある。

この倉庫だけで、
トータル5000万個以上ジャガイモが保管されている。

このような倉庫が北海道を中心に、
全国で45棟存在する。

そんなCalbeeの約160種類ある商品の中から、
最新売上げランキングベスト5を発表する。

前回は「LOTTE売上ランキング」の記事に掲載。

Calbee最新売上第5位
累計15億個売れている
「サッポロポテト」

Calbee最新売上第5位は、
カルビーが初めて作った、
ジャガイモスナック、
サッポロポテト(130円)」。

誕生したのは、
札幌冬季オリンピックが開催された1972年。

今までになんと15億個も売れている、
超ロングセラー商品。

ジャガイモを中心に、
かぼちゃ、トマトなど、
野菜を練り込んだ生地を薄く伸ばしていき、
機械で細かくカット。

そしてこれを油でじっくり揚げる事で、
ふっくらさくさくのお菓子が完成する。

そして1974年に誕生した姉妹品が、
サッポロポテト バーベQあじ(130円)」。

「サッポロポテト バーベQあじ」で、
特徴的なのは網目状の形である。

これはバーベキューの網を、
モチーフにしたという。

そして、
2014年には「サッポロポテト バーベQあじ」に、
新味である、
サッポロポテト バーベQあじ てりマヨチキン(130円)」、
が登場した。

バーベQ味の旨味を活かしつつ、
てりやきソースの甘辛さと、
マヨネーズの酸味がプラスされている。

続きは「Calbee最新売上4位」の記事に掲載。

レビュー

サッポロポテトと言えば、
遠足の定番イメージがあるのは、
私だけでしょうか。

昔はよく食べておりましたは、
最近はあまり食べないですし、
店頭でも見掛けなくなりました。

それでも第5位にランクインするという事は、
根強いファンが存在するという事でしょうね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ