有吉弘行のダレトク|世の中菌だらけ!犬の口の中は菌だらけ!

※有吉弘行のダレトク!? 2014年2月25日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

知りたくなかったダレトク

世の中には知らない方が、
幸せだった情報が、
数多く存在する。

そんな事実を紹介する企画。

今回のテーマは「第2弾・世の中菌だらけ」。

第1弾はコチラの記事に掲載。

前回は「へそのゴマは菌だらけ」の記事に掲載。

犬の口の中は菌だらけ

可愛い愛犬とじゃれあっていたなら、
犬の舌で舐められる事があるだろう。

イヌ好きには至福の時間だが、
犬の口の中には、
大量の菌が潜んでいるという噂がある。

という事で、
早速菌を採取。

まずは小型犬の代表格である、
チワワの口の中から菌を採取。

更に、
具志堅用高の愛犬・ ボクサー犬の、
口の中から菌を採取。

犬の口の中にはどれだけの菌がいるのか!?

実験結果をみると、
便器(トイレ)の水にいる、
一般生菌数は約290個/gであったが、
それに対し、
チワワの口の中からは約15万個/gの菌が検出され、
ボクサー犬の口の中からは約49万個/gの菌が検出された。

つまり、
犬にペロペロ舐められた場所は、
まさしく菌まみれになるのである。

しかもその中には、
大量の大腸菌群が存在する。

理由の1つとしては、
犬はしばしば自分のお尻を舐めるが、
その際に、
お尻に付いている大腸菌群が、
口の中に入ってしまう事が挙げられる。

更に、
犬や猫の口の中には、
人間が持っていない菌が多く潜んでおり、
それが免疫力の低下している人の体内に入ると、
発熱や腹痛を引き起こす恐れがあるので、
注意が必要である。

ちなみに人間の口の中には、
約100万~1000万個の菌がいるという。

レビュー

菌だらけというと、
抵抗感を示す方は多いですが、
人間の体は常在菌という菌が、
無数に存在し、
切っても切れない存在です。

ですから大抵の菌は大丈夫なのですが、
常在菌以外の菌の場合は注意が必要。

そういう意味では、
今回の情報は愛犬家・愛猫家は、
必見の要注意情報と言えますね。

平常時は問題ないかもしれませんが、
風邪をひいている時などは、
ペットと戯れるのは避けた方が良さそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ