有吉弘行のダレトク|世の中菌だらけ!へそのゴマは菌だらけ!

※有吉弘行のダレトク!? 2014年2月25日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

知りたくなかったダレトク

世の中には知らない方が、
幸せだった情報が、
数多く存在する。

そんな事実を紹介する企画。

今回のテーマは「第2弾・世の中菌だらけ」。

第1弾はコチラの記事に掲載。

へそのゴマは菌だらけ

人のお腹にある臍(へそ)

これは母子の絆の名残。

そんな神秘的な穴からとれる、
へそのゴマは菌だらけという噂がある。

その真偽を確かめるべく、
原宿で待ち行く人から、
へそのゴマを採取し、
本当に菌だらけか調べる。

採取したへそのゴマは、
衛生検査や菌の測定を行う、
株式会社ライフに持ち込んだ。

へそのゴマにはどれほどの菌が?

実験結果をみると、
便器(トイレ)の水にいる、
一般生菌数は約290個/gであったが、
それに対し、
へそのゴマの菌は約120万個/gであった。

へそのゴマには、
大量の菌が所狭しとひしめき合っている。

そもそも「へそのゴマ」とは、
老廃物やほこりが堆積したものなので、
菌が生息していて当然なのである。

ちなみに、
へそのゴマを掃除する際には、
オイルをへそのゴマに浸透させてから、
綿棒で優しく取る方法がある。

しかし、
へそのゴマをあまり丁寧に取り除こうとすると、
おへその皮膚を傷付けてしまう事があり、
炎症を起こし、
お腹の皮膚が痛くなったりするので、
ほどほどにした方が良いという。

続きは「犬の口の中は菌だらけ」の記事に掲載。

レビュー

へそのゴマというのは、
耳垢や鼻くそと同じ様なモノなので、
菌だらけなのは当然ですよね。

また、
へそのゴマ掃除は、
極力しない方が良いというのは、
こちらもまた有名な話でしょう。

さすがにトイレの水の約4000倍汚いのは、
驚きましたは、
それ以外は想定内の情報ではありました。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ