月曜から夜ふかし|発車メロディー!街でよく聞く音を調査した件

※月曜から夜ふかし 2014年2月24日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

街でよく聞く音を調査した件

我々が普段何気なく耳にする様々な音。

今回は、
皆が気にも留めない街の音を調べてみた。

前回は「横断歩道で流れるあのメロディー」の記事に掲載。

発車メロディー

駅のホームで耳にする発車メロディー。

実は、
駅・ホームごとに流れる音が違う。

その理由は、
どのホームで発車するのか、
駅員たちが瞬時に判別する為である。

現在日本では、
260曲以上の発車メロディーがあり、
実はそのほとんどが、
たった1社で制作されている。

発車メロディー作曲の第一人者は、
塩塚博さん。

山手線は全部で29駅あり、
58ホーム存在する。

その中で、
21曲が流れている。

塩塚さんの会社が手掛けた名曲ベスト3

塩塚さんの会社が手掛けた名曲ベスト3の発表。

第3位「JR-SH-2」

第3位は「JR-SH-2」。

JRはそのままJR、
SHは塩塚さんのイニシャルが採用されている。

塩塚さん曰く、
覚醒効果があり、
さわやかに乗車してもらう曲だという。

こちらの曲は、
有楽町駅・五反田駅で採用されている。

第2位「春」

第2位は「」。

乗客達の心を、
春の穏やかな気持にしたい、
という思いが込められている。

こちらの曲は、
田端駅・日暮里駅など全9駅で採用されている。

第1位「せせらぎ」

第1位は「せせらぎ」。

曲名に込められた意味は、
川のせせらぎの様に、
スムーズに乗車して欲しいである。

流れている駅は、
山手線で14駅で採用されている。

レビュー

発車メロディーを聞くと、
人によってはほぼ毎日聴いている人も、
いるがゆえに、
「知ってる!」となる人は多いかもしれませんが、
いまいちどこの駅か分からない事、
多々ありますよね。

原因は同じ曲でも複数の駅・ホームで、
採用されているからなのですね。

また、
発車メロディーは、
乗客の為のものと思っておりましたが、
乗客だけでなく、
駅員さんの為のものである事も、
今回初めて知り驚きました。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ