月曜から夜ふかし|夕方に流れるメロディー問題!旧浦和市vs旧大宮市!100年戦争!

※月曜から夜ふかし 2014年2月24日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

全国のご当地問題のその後を調査した件

以前当番組で紹介した、
山口市パーマ代倍増問題

このように、
当番組が取り上げた問題が、
放送後、
状況が変わっている問題があるので調査。

前回は「茨城問題」の記事に掲載。

続報・夕方に流れるメロディー問題

以前、
当番組では東京23区で、
夕方に流れるメロディーの聴き比べをした。

すると放送後、
本来関係ないはずのさいたま市民から、
18年間この地域で育ってきたが、
放送後に今まで愛着があった、
懐かしい音が変わってしまった。
というメールが届いた。

詳しく聞くと、
シンプルだったメロディーが、
突如ゴージャスになったという。

そこで、
番組はさいたま市消防局に事実関係を確かめた。

すると、
確かに夕方のメロディーは変わったが、
当番組のせいではないという。

2013年の4月から、
防災行政無線のデジタル化の整備が行われ、
市内でバラバラだった夕方のメロディーを、
統一したのだという。

さいたま市は、
それぞれ大宮市・浦和市・与野市・岩槻市の、
合併前のメロディーを夕方に流していた。

しかし2013年4月に、
旧大宮市のメロディーに統一させたのである。

つまり、
浦和・与野・岩槻は、
夕方のメロディーが変わった。

大宮と100年戦争を繰り広げている、
浦和の人達にこの事実を伝えると、
嫌なので夕方には聞こえないよう窓を閉める
反対。あり得ない。市長に訴えたい。」
夕方はさいたま市にいないようにする
という声が聞けた。

レビュー

浦和と大宮が疎遠さをます、
新たな火種ともなりかねない情報ですね。

さいたま市役所自体は、
旧浦和市に存在する為、
たかが夕方のメロディーではありますが、
住人感情を配慮して、
実施すれば問題は無かったのでしょうが、
防災関連の話なので致し方無いのかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ