解禁!暴露ナイト|内田春菊・印税のシステム・仕組み!人気漫画家・小説家の最高年収・月収は?

※解禁!暴露ナイト 2014年2月20日放送分より

ベストセラー作家が大暴露!
月収800万円の印税…波瀾万丈な壮絶人生

衝撃の話題作を世に送り続ける
漫画家・内田春菊

1993年34歳の時に小説家デビュー。

母の再婚相手から受けた、
虐待を綴った内容のデビュー作は、
約40万分を売り上げるベストセラーになった。

その後も、
漫画「南くんの恋人」もドラマ化される等、
これまで200を超える作品を作った内田春菊が、
印税生活から、
母の再婚相手から受けた虐待、
壮絶人生を暴露する。

印税のシステム・仕組み

印税のシステムは一般的に、
本の価格・定価の1割が作家の手元に入る。

本が売れた実売での判断でなく、
部数が決まった所で最初に作った物の部数で、
印税額は決定するのである。

また増刷されれば増刷分の印税が入ってくる。

ヒット作の印税額を大暴露!

印税額の推定の紹介。

デビュー作は、
印刷部数推定約40万部で約5000万円。

漫画「私たちは繁殖している」は、
印刷部数推定約160万部で約1億560万円。

漫画「南くんの恋人」は、
印刷部数推定30万部で約2700万円。

内田春菊が一番稼いだ時の年収は1億円で、
それが過去に2回あり、
それを単純に12で割ると、
最高月収800万円となるのである。

ちなみに2014年今現在の年収は、
1~3千万円位だという。

続きは「子供の父親が何人もいる」の記事に掲載。

レビュー

漫画家・小説家だけでなく、
内田春菊さんは、
歌手活動や女優活動など、
非常にマルチな才能を持たれた方だそうです。

その才能もあってか、
凄まじい収入を叩き出しておりますが、
それももしかしたら、
過去の壮絶体験が、
引き出しているのかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ