月曜から夜ふかし|日本一寒い町・北海道・陸別町を調査してみた件

※月曜から夜ふかし 2014年2月17日放送分より

この番組は世間で話題となっている、
様々な件に対して、
ちょっとだけ首を突っ込んだり、
突っ込まなかったりする番組。

日本一寒い町を調査してみた件

今は冬まっただ中。

日本一暑い町があれば、
日本一寒い町もある。

その町とは、
北海道・陸別町である。

北海道の道東に位置する陸別町では、
1月の最低気温は平均-23.2度。

これは、
人が住む場所としては、
日本一寒い。

陸別町は面積の8割が森林で囲われた、
人口わずか2700人の町。

番組が取材した時の気温は-25度で、
この気温はバナナで釘が打ててしまうレベルである。

お湯を撒くと、
一瞬でそれが煙に変わるレベルである。

室内であっても、
早朝の気温は-5度。

飲みかけの水や水道管の水は凍りつき、
室内に干した洗濯物も凍ってしまう。

果たしてこの極寒の地で、
人々はどのように暮らしているのだろうか。

暖房費かかり過ぎる問題

陸別町の人は出掛ける時、
必ずある事をする。

20分以上前から、
出掛ける足である車のエンジンを起こし、
暖めておく必要がある。

二酸化炭素を出しまくるが、
地球に優しくしていたら、
自分達がやられてしまうのである。

そしてこうすると、
当然ながらガソリン代がかさむ。

また、
これだけでなく、
灯油ストーブも24時間つけっぱなし。

灯油代は1ヶ月で7~8万円位必要である。

これに電気代を合わせると、
大体月10万円は暖房費用にかかってしまう。

更に家の玄関・窓は2重。

家だけでなく手袋や、
長靴・ズボン・ダウンジャケットも2重。

色々な費用が2重でかさむのである。

ちなみに、
とある商店では、
業務用の冷蔵庫の中に、
冷え過ぎてしまうのでヒーターを導入していた。

この寒さが辛いのは人間だけではない。

散歩する犬は靴下を履き、
子牛は服を着る。

建物がみんな傾いてしまう問題

そして陸別町の建物は、
みんな傾いてしまう問題がある。

特に木造の家は傾きが激しい。

これは「凍上」といい、
床の下の土が凍る事で隆起し、
家が持ち上がる現象である。

ちなみに、
家の傾きは夏になったら戻るという。

日本一の寒さを売りに
町おこしに力を入れている

そんな陸別町は、
日本一の寒さを売りに町おこしに力を入れている。

まずは、
2月に行われる「しばれフェスティバル」。

しばれフェスティバルとは、
日本一の寒さを体験できるイベント。

氷のテントを利用し、
人間耐寒テストなる催しをしている。

これは-15度以下になる氷のテントで、
一晩寝ずに過ごすイベントである。

寝ると死んでしまうスリルが味わえるこのイベントに、
毎年300人が参加する。

そしてこの町最大の自慢は、
時にオーロラが見える事。

但し一番最後に見られたのは10年前で、
今のところ観光に来る人はほとんどいない。

それでも町民はこの町を愛している。

寒いからこそ町民は一致団結し、
春を待つ心がどこの地域より良いという。

レビュー

室内にあっても氷点下って、
過酷すぎますね。

しかし番組で紹介された町民達は、
明るく元気に溢れておりました。

希少な体験をしたい方は、
観光で訪れてみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ