解禁!暴露ナイト|最新ドラッグ密売組織『闇の女帝』!実態・薬物の入手方法!


※解禁!暴露ナイト 2014年1月30日放送分より

違法・脱法当たり前!闇にうごめく
最新!極悪「闇ビジネス」の実態を大暴露!

裏社会を徹底取材し、
記事を執筆している、
ノンフィクションライター・松永達也が、
闇にうごめくビジネスの実態を暴露する。

前回は「絶対に行ってはいけない!違法『闇カジノ』」の記事に掲載。

最新ドラッグ密売組織『闇の女帝』

都内だとか、
神奈川県に「闇の女帝」と呼ばれる人が存在する。

薬物を売買するのは、
イメージとしては暴力団というのがある。

しかし、
その人は暴力団には所属せずに、
個人で売買を行っている。

そして女帝なので、
そこにはグループが存在する。

その人の下にピラミッド式みたいな形で、
色んな女性がいる、

中にはお金のない落ち目の暴力団が、
女帝にあやかろうとして存在するが、
メンバーのほとんどが女性である。

その女性の種類に関しても、
キャバクラ嬢だったり、
クラブDJだったり、
ギャルだったりと色々な人が存在し、
見た目では売人だという事は、
全く分からないという。

特定の集団に属さない
密売組織のドラッグ入手方法

暴力団など、
特定の集団に属しない女帝達の、
ヤバすぎるドラッグ入手方法について言及。

自分の手下に買い付けに行かせるパターンもあるが、
ほとんどが女帝が自ら、
暴力団から仕入れているという。

その仕入れ方としても、
暴力団の人ではないので、
普通では高く売られると思いがちだが、
その時に風俗嬢だったり、
キャバクラ嬢なんかに、
体を張らせて値段を下げさせたり、
上手い事接待を行っている。

女帝が下の人間にドラッグを卸す時は、
元の値段で買っているので、
そこに上乗せした金額で販売している。

つまり、
売りさばいている人達から売上を徴収するのではなく、
元からのせた分で売っているので徴収はしない。

こんな事をしていると、
同じ裏社会の人間から目をつけられるそうであるが、
闇の女帝とは付き合いをするだけのメリットが、
暴力団には存在する。

現状で暴対法(暴力団対策法)というものが、
新しく施行され、
締め付けが凄く激しい。

なので、
暴力団は携帯電話も借りれなかったり、
住居も借りられないし通帳も作れない。

一般の社会の人達が普通に使えるものが、
何も使えないような状況である。

逆に闇の女帝のように、
暴力団以外の密売組織がいると、
さばきやすいのである。

レビュー

ドラッグと言うと、
やはり暴力団が売りさばいているイメージがありますが、
今では見てくれ普通の女性が、
販売しているという実態は恐ろしいですね。

言うまでもなく誘われても、
絶対にやってはいけません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ